猫好き陶芸作家のカフェ絵咲木へいらっしゃいませ・・・



   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

山口 久美子

Author:山口 久美子
陶工房 カフェ ギャラリー 絵咲木

猫好きな店主の,ほのぼの毎日。

922745_370488216384073_374179695_n.jpg

福岡県八女市本町65
tel 0943ー22ー2634
月曜店休日

securedownloadにゃん1

はちくんとさくくん。二匹ではっさく。

m

アメリカンショートヘアーのみかん、看板猫10歳♀。長女のお嫁入りでお引越し。

写真 1777JPG

かぼす♂ 2014.5月1日から天使猫修行中

moblog_89e39948.jpg

H23.5/26お空の住人に 茶太郎♂永遠の15歳

20080522175817.jpg

狩が得意で気ままなコルト♀10歳(自宅組)

200809200859001[1]

小さな甘えん坊のココア♀17歳で天使猫修行中



中村文平 苺畑の魔法使い  [オンデマンド (ペーパーバック)]

moblog_afd704f6.jpg

「月のルルカと黒猫スプーン」

516ysE1gozL__SL500_AA300__20140717152608617.jpg


高校の文芸部の先輩、中村文平さんの 児童書です。

ココから注文できます
          中村文平の本

絵本 やくそくどんぐり
60068_435166513249576_529991404_n.jpg
ココから注文できます
          やくそくどんぐり

みかんちゃん

このページはリンク自由です。ただし無断転載はお断りします。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



田中吉政 兵部卿になっていた

   
田中吉政肖像画ですが、調べていくと…。

IMG_5895.jpg

中央に書かれている文字の中に、兵部卿とあります。

今まで気にしていなかったのですが、田中氏からの言葉ではっとしました。


21687706_1476196709130485_4746439352583219657_n.jpg

そうです。

1588年に、兵部大輔に叙任して、そのままだとばかり、見逃していました。

では、兵部卿になったのはいつでしょう?


21586653_1476188785797944_2043256793748046111_o.jpg

吉政は、大輔になる前は、少輔だったとあるので、1588年に兵部大輔になる前は兵部少輔。

官職は、一人ずつなので、誰かの欠員で兵部卿になったのかもしれませんね。

兵部卿は、大幅に、年代が違う人を外すと…、細川藤孝は、大蔵卿になっているし…、そして、慶長年間をプラスすると、浮かび上がるかも。

ひょっとして、筑後国に来たときは、もう、その官職を持っていたかもしれませんね。その時のお祝いで作った肖像画かもしれませんね。

21688263_1476205535796269_8537919471981386445_o.jpg


慶長には、巳寅は、ありません。

巳亥なら、ある。

慶長4年1599年4月ってこと?

えー、豊臣秀吉公の肖像画をねねさんに持っていく為に描かせた時期と一緒?

ってことは、その時期に、兵部卿になったということでしょうね。

このことは、新発見かもしれません。


| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

陶芸の秋

   
秋らしくなってきましたね。

つい先日まで暑かったのにね。

四歳児陶芸教室、出来上がりましたよ。

可愛いーー。

ってその前に、みかんちゃん。

21557938_1172290899537130_5898542550299080746_n.jpg

相変わらず……、そして、ハチ君とサク君。

21314440_1170497153049838_25923493939398057_n.jpg

ぴったりくっついて……まぁ。

で、いよいよ、作品、発表ですよ。


21731124_1174478375985049_1389041519865968556_n.jpg

なにせ、四歳児ですからね。

お母さんといっしょにつくったのですが、ほとんど、一人で頑張った子供さんもいました。

芸術は爆発したのね。


21728514_1174478325985054_5466526677569437643_n.jpg

今日は、この衣装を思い出して、


o0800053313318631996.jpg


筑後国福島城のお姫様を作って見ました。

田中吉政三男吉興の娘が、養子を取ってその婿殿が田中家を継いだのです。

田中吉官さん。

ってことは、お姫さんが、この福島城に居たってことですよね。

夢が膨らむにゃん。

21743012_1175859205846966_2701828606427470211_n.jpg

素焼きして、絵付け。

楽しみです。


| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

関が原の戦の前の事件、宝蔵寺の話

   
関が原の映画、観に行かれましたか?

その関ヶ原の少し前、こんな事件が起こっていました。

知立市の宝蔵寺の境内には慶長5年(1600)、石田三成の命で徳川家康の命を狙い討つ取られた加賀野井弥八郎重茂(加賀井重宗の子供)の墓(当時の岡崎城の城主田中吉政が建立、宝篋印塔、全高45cm)が建立されており昭和40年(1965)に知立市指定文化財(建造物)に指定されています。

t02200147_0800053313318628186.jpg

重茂は家康を狙う為に池鯉附宿に滞在中に水野忠重(刈谷城主)、堀尾吉晴(浜松城主)と酒宴を開く事となり、その最中に忠重を刺殺、さらに吉晴にも切り掛りましたが取り押さえられ殺されました。

又、加賀井重望によって討ち取られた水野忠重の詰め腹を切らされた2人の付け人の墓(追腹塚:宝町石亀から宝蔵寺に移された。)が建立され昭和49年(1974)に知立市指定史跡に指定されています。


関ヶ原の前の、一番世の中がピリピリしているときにおこった事件。そんなときに、この人のお墓を建ててあげるとは、吉政はすごいなぁ。



| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

映画「関が原」

   
15894325_962931453806410_7015490077970749792_n.jpg


映画「関が原」の予告を観ました。

田中吉政、出てこないでしょう。

11264990_904914829551553_8594937975741531272_n_201708201951246d9.jpg

これでいいのか?

戦いに、ボーガン?みたいなの打っているし、伊賀の忍…。エンターテーメント的で活劇的で、楽しけりゃあいいのかって、作られて、また、世間はそれを本当だと信じてしまうでしょ。

三成主役の関が原なら、三成より秀吉に近かった吉政を司馬遼太郎さんが詳しく知ることが出来たなら、こんなことにはならなかったと思う。

物語は、また違っていたでしょう。

ほら、見えにくいけど、岡田君の三成の横辺り、岡崎城に田中の文字。

映画の、東軍に名前もないぞ。

20953256_1447293025354187_6749037394977523228_n.jpg


これがありなら、吉政主役の関が原があってもいいと思うけど、世間が知らない……。

中村文平が、田中吉政の一代記の第一巻を書き終えました。

先は、長い…。


| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

お盆休み

   
皆さん、お盆は、どのようにお過ごしでしたか?

みかんは、暑くて、バテバテかな?

20729597_1151791314920422_497282450566836980_n.jpg

でも、エアコンは効き過ぎるときらいみたい。

里子に出したかりん君が、もう8歳になったそうです。

20090804182029_20170816191147d2f.jpg

早いものです。

20090731154714_2017081619114835b.jpg

かわいかったなぁー。

お盆に、高校の同窓会に出席。

20882054_1154635117969375_1302499809174784865_n.jpg

還暦祝い!

そして、孫ちゃんと、少しだけふれあい……。


20799245_1154635174636036_5941331104013849354_n.jpg

リフレッシュして、お仕事再開です。


| comments(0) | trackbacks(0) | page top |
前のページ 次のページ