猫好き陶芸作家のカフェ絵咲木へいらっしゃいませ・・・



   
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<< 2018 >>
プロフィール

山口 久美子

Author:山口 久美子
陶工房 カフェ ギャラリー 絵咲木

猫好きな店主の,ほのぼの毎日。

922745_370488216384073_374179695_n.jpg

福岡県八女市本町65
tel 0943ー22ー2634
月曜店休日

securedownloadにゃん1

はちくんとさくくん。二匹ではっさく。

m

アメリカンショートヘアーのみかん、看板猫10歳♀。長女のお嫁入りでお引越し。

写真 1777JPG

かぼす♂ 2014.5月1日から天使猫修行中

moblog_89e39948.jpg

H23.5/26お空の住人に 茶太郎♂永遠の15歳

20080522175817.jpg

狩が得意で気ままなコルト♀10歳(自宅組)

200809200859001[1]

小さな甘えん坊のココア♀17歳で天使猫修行中



中村文平 苺畑の魔法使い  [オンデマンド (ペーパーバック)]

moblog_afd704f6.jpg

「月のルルカと黒猫スプーン」

516ysE1gozL__SL500_AA300__20140717152608617.jpg


高校の文芸部の先輩、中村文平さんの 児童書です。

ココから注文できます
          中村文平の本

絵本 やくそくどんぐり
60068_435166513249576_529991404_n.jpg
ココから注文できます
          やくそくどんぐり

みかんちゃん

このページはリンク自由です。ただし無断転載はお断りします。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも一覧

ニャぶりぃ てんだー  にゃぶり クルー +1

みぃちゃんブログ

不思議な不正義2
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



三日目出雲の旅

   
出雲大社は、いやー、暑かった。

カンカン照りでした。

参道が長いので、日傘が必要です。

出雲大社


出雲大社駅は、廃線になり、観光用になっていました。

子孫の田中さんのはちみつ屋さんではちみつソフトを頂き一息ついて…。


出雲大社駅



宮部もたくさんの鉱山支配を任されていました。

奥出雲はたたら鉄の里です。


吉政公のお母さんや、奥さんの国友氏とのやり取りがあったと記されています。


国友から鉄を買い付け


まるで、もののけ姫に出てくるような場所です。

ここでも、足立美術館や、資料館が水曜日お休みのところがあって、残念でした。

事前に調べてきた方がよさそうです。

そして、石見銀山。


群言堂石見銀山

昔、ふるさと塾のみんなと視察に訪れました。

また、世界遺産になる前の事です。

この群言堂さんに入って、好きだったメーカーさんの本店だったので、感激したことを覚えています。

また来れて、良かった…。

この日が、私の61歳の誕生日でした。

スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

鳥栖城を目指して

   
時代展が終わり、一息ついたところで、また、視察の旅へ出発しました。

猫ちゃんみたいです。

2,b


先週の11日の夜、阪急フェリーニ乗って、神戸港に着きました。

フェリーから

今回は、そこから、まず、明智光秀の丹波福知山城に行く予定にしていましたが、資料館が休みと判り、急遽三木城へ変更。

三木城は、色々歴史はありますが、秀吉との戦いの時、吉政公のお父さんが、参戦、怪我をしたと伝わっているので、城跡に行きました。


三木城⒋

見学者はなく、ま、マニアックな城なのかもしれません。

秀吉が、三木城の食料を絶って、城を攻め落としたのです。

三木城一


鉄の史料館で、詳しい方がおられ、説明がとても面白かったですよ。

ここは、江戸の大火のあと活躍した大工の職人さんもたくさんいて、その道具として大工道具で有名になった地域だそうです。


三木城二

そこから、鳥取城を目指しました。

鳥取三

鳥取市では、市の文化財課に電話をしていたので、職員さんが待っておられました。

鳥取市歴史博物館の学芸員さんもお二人みえて、一緒に城の石垣を登って説明を聞きました。


鳥取六

鳥取城は、跡崎城主はいるでしょうが、吉政の上司だった宮部継潤のお城でした。

ここまでが、宮部の時代の城郭だと聞いたり、今、大手門前の橋の架け替え工事があっていて、水中にあった元の木の柱を見ることができました。

お互いの情報を、交換で着て、職員さんからも、これからもよろしくと言って頂きました。

近々、宮部の時代展をされるそうで、お手伝いができそうです。

宮部史談会にも、良いご報告が出来そうです。

そして、鳥取で一泊して、奥出雲に向けて出発しました。

| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

初代筑後国主田中吉政の小説が出ました

   
やっと出版にこぎつけました。

「田兵 初代筑後国主田中吉政 第一部 未萌の湖」中村文平著

32337178_1384659418300276_7594803146396794880_n.jpg

時代展を始めて四年め、今年、調べた史料を資料として、中村先輩が身を削るようにして書き上げました。

同時進行で、今年も、吉政公の時代展の最中のお芝居、「岡崎の魂」が期間中の土日に、公演でした。

吉政公が、筑後入りする前の領国でのお話です。

岡崎の魂⑥

いつものごとく、好きな着物を着て、着け毛付けてやらせて頂きました。

岡崎の魂5

今年の二月の吉政公の御命日の公演から、東京の役者さんにお手伝いして頂き、新たな経験のあるメンバーが加わり、

迫力あるものになりました。

岡崎の魂なな

みんな芝居に真剣だけど…

岡崎の魂3

真剣だけど、楽しんでる…

岡崎の魂1


前々日の、昼夜の食事、色々な話で楽しくて笑いが絶えず…


岡崎の魂2

ここまで、準備が大変でしたが、終わってしまえば、寂しくて…です。

東京の二人は、次は九月の、北野の西方寺での公演までちょっとの間お別れ。

あとのメンバーは、なにやかにや絡んでいこうと座長は言っております。

とにかく、ここで、私の本と、中村先輩の本の出版ができたことが一番大きいでしょうね。

29066713_1325500777549474_2489213919202115584_o.jpg


とっても嬉しいです。

近くのいろんな書店さんで売っています。

遠くの方は、ネットの方でどうぞ。



絵咲木のネット販売


| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

三川から、宮部まで

   
田中吉政公のことを調べ始めて、嬉しいことは、たくさんの人に会えていること。

それが濃ゆくて、そして、またその先の人たちが、偶然にも知り合いだったということに気付き。

そのきっかけで、その人たちが再会して、お互いの安否を確かめ合うことになっていること。

先日、まだお会いできていない長浜市の百々さんが、フェイスブックのお付き合いの中で、私たちがいつもお尋ねしたりしている宮部史談会の国友さんとお知り合いということが判り、

久しぶりにお酒を以て国友さんのお宅を訪ねられて。

数日後、国友さんの奥さんがバイクでお米を持って来てくれましたと、私に伝えて下さいました。

まさに、吉政公生誕地の三川から、宮部継潤の城があった宮部にお酒をお土産に尋ねて見えて、お返しに宮部から三川にお米を以て訪ねて来た…。

たぶん、この織田信長の時代に作られた、軍道のなごりを通って。


26992560_1599545253462296_3891976202411283411_n_20180424180406f73.jpg

右上の赤鉛筆で囲ったところが、田中家の砦があったらしいところ。

左の集落が、今も昔も三川の村。

そして、下の地図が、軍道の想像図。(他の方のブログからお借りしました)

宮部軍道

時々、グーグルのストリートビューで三川の村を散策します。

故郷のように、胸がきゅんとします。

| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

みかんにお客様

   
今日は、雨風酷く、嵐の様です。

昨日の朝、雨が降る前に、おうちの庭にお客様。

みかんは、知らん顔していますが、時々やって来る、「もふもふちゃん」、たぶん男の子をそう呼んでいます。

みかん

ほら、迷彩柄みたいで、岩と同化していますが、彼は佇んでいます。

31259805_1367023440063874_6764615611944271872_n.jpg

八チ君のロン毛とサク君の縞々を足したような「もふもふ君」


21314440_1170497153049838_25923493939398057_n_20180424181626499.jpg

じーと、暫くそうしていて、たまには、ガラス戸のすぐ前まで来てアピール。

「君は誰だい?」みたいな…。

| comments(0) | trackbacks(0) | page top |
次のページ