猫好き陶芸作家のカフェ絵咲木へいらっしゃいませ・・・



   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

山口 久美子

Author:山口 久美子
陶工房 カフェ ギャラリー 絵咲木

猫好きな店主の,ほのぼの毎日。

922745_370488216384073_374179695_n.jpg

福岡県八女市本町65
tel 0943ー22ー2634
月曜店休日

securedownloadにゃん1

はちくんとさくくん。二匹ではっさく。

m

アメリカンショートヘアーのみかん、看板猫10歳♀。長女のお嫁入りでお引越し。

写真 1777JPG

かぼす♂ 2014.5月1日から天使猫修行中

moblog_89e39948.jpg

H23.5/26お空の住人に 茶太郎♂永遠の15歳

20080522175817.jpg

狩が得意で気ままなコルト♀10歳(自宅組)

200809200859001[1]

小さな甘えん坊のココア♀17歳で天使猫修行中



中村文平 苺畑の魔法使い  [オンデマンド (ペーパーバック)]

moblog_afd704f6.jpg

「月のルルカと黒猫スプーン」

516ysE1gozL__SL500_AA300__20140717152608617.jpg


高校の文芸部の先輩、中村文平さんの 児童書です。

ココから注文できます
          中村文平の本

絵本 やくそくどんぐり
60068_435166513249576_529991404_n.jpg
ココから注文できます
          やくそくどんぐり

みかんちゃん

このページはリンク自由です。ただし無断転載はお断りします。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



思い出の作り方

   
暖かい日が続いています。

猫たちも、庭でぼーとしたり・・・。

moblog_7f947859.jpg

狩りをしたり・・・。

moblog_8c30f1bb.jpg

捕まえたよ、捕まえたよ!

トカゲらしいです(^o^;

お隣のワンちゃんたちも、陽なたぼっこです。

moblog_7c61c2d2.jpg

兄弟、似てますね。

moblog_19d19089.jpg

今日は、観光客が目立ちました。

東京からのお二人が、以前北九州からの奥さんたちみたいに、八女大茶園を見たいと言われたので、せっかくだからとお連れしました。

moblog_938275f3.jpg

大歓声でした。

moblog_38a846e0.jpg

やはり、眺めは絶景、お茶の緑が広がり、感動されたみたいですね。

先日、柳川に行きましたが、その時の話です。

帰りぎわに、お土産物の店の軒下に猫ちゃんが寝ていたので、思わず撫でて話し掛けました。

見ると、他にも六、七匹いました。

そこのおばちゃんが、野良猫さんにご飯をあげていて、猫たちは、店で寝たり、外で寝たりしているそう。

店の前は全開き、町の中みたいに、車は頻繁に通らないけど、たまに通るので、危ないです。

絵咲木が撫でたので、猫ちゃんがお昼寝から起きて、ふらりと道路へ歩いて行きました。

それを見て、「あんたが触るから、ちょうどいい感じで寝ていたのに、道に出て行った!危ないやろ!」っと叱られたのです。

猫たちは、おばちゃんが見てないときは勝手にうろうろしています。

全部避妊手術も、私がしたと誇らしげに言っていました。

よく、そこに、猫を捨てて行かれて困るとも。

旅の思い出というのは、ほぼ人とのやりとりで決まってしまう気がします。

せっかくの柳川の町歩きも、おばちゃんの一言で切ない思い出となりました。

猫たちは、みかんみたいに人に慣れていなく、やっぱり野良ちゃんのように生きていました。

猫たちの今からのこと、叱られた思い出、切ないです。

だからこそ、八女では、人の情けに触れ、楽しかった思い出を持って帰ってもらいたいと思ったのでした。

また来てねーと絵咲木が手を振り、バス停で若い二人も思いっきりバイバイ手を振っていました。

男性の方は、里が甘木と言われたみたいでしたから、きっとまた会えることでしょう。

今度は赤ちゃんを連れたりして、ね。

スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://toukoubou.blog123.fc2.com/tb.php/900-c1c3c7eb
<< NEW | TOP | OLD>>