FC2ブログ

絵咲木陶器と猫とカフェ日記 そして田中吉政の歴史

猫好き陶芸作家のカフェ絵咲木へいらっしゃいませ・・・

Top Page › 町屋情報 › 吉野山狐忠信初音之鼓
2010-09-10 (Fri)  17:00

吉野山狐忠信初音之鼓

 八女福島の灯籠人形の今年の芸題は、吉野山狐忠信初音之鼓です。

壇ノ浦で平家滅亡の大功をたてた源九郎判官義経は、朝廷から兄頼朝を討てという謎を秘めた初音之鼓を賜りました。

やむを得ずこれを受けた義経は、一生鼓は打つまいと決心するのですが、疑いぶかい頼朝は、義経追捕の兵をさしむけます。

義経は、追われて大和国吉野山中に身を隠しました。彼を慕う静御前は、佐藤忠信に守られ、吉野の山奥に会いに来ます。

ところが、そこには、もうひとり忠信がいました。

義経は、どちらが本当の忠信か、見分けるように静御前に命じました。

静御前は、義経から渡された初音の鼓を打ち、親狐の皮で張られた鼓を慕う子狐が、実は忠信に化けて自分を守ってくれたことを知りました。

その孝心にうたれた義経は源九郎の名前を添えて、狐忠信に初音之鼓を与えるのでした。

以上のような、延亭四年竹田出雲らにより作られた「義経千本桜」四段目の原作に、常盤津「道行初音旅」を加味して、親を慕う狐忠信と静御前との艶麗な道行を、詩情あふれる五景にまとめたものであります。

と、パンフレットに書いてあります。(笑)


奉納公演

9月24日から26日までの、毎日五回、13時30分、15時00分、16時30分、19時00分、20時30分までです。

口開け公演と言って、23日に20時00分から一回だけ上演されます。

最後の公演は、屋台の二階が開け放たれ、三味線などの演奏が見ることができますよ。

moblog_af305ec2.jpg

違う会場では、地場産まつり、あかり絵パレード、伝統工芸職人実演などの町屋まつり、提灯に思い思いの絵を描いたものを展示飾り付けした提灯まつり・・・。

どうぞお越しくださいーー。

スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

* by チビ太ママ
近かったら見に行きたいですね。
こういうの大好き!

昔はガンガンの音楽が良かったんだけど
年でしょうか?(笑)

名古屋は芸能の街とか言われているので
探せばいくらでもやっているのでしょうが
なかなか実に行けないです。

それこそ、この前の卒業制作展のミニライブが
○年ぶりのゲージュツへのふれあいでしたから(笑)


↓の迷子ちゃん、早く見つかるといいですね。

* by 絵咲木
チビ太ママ さん
こういう、ゆったりとしたものもいいですよね。
なんだかなつかしいみたいで・・・。
ほんとうに、すずちゃん、心配です。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

近かったら見に行きたいですね。
こういうの大好き!

昔はガンガンの音楽が良かったんだけど
年でしょうか?(笑)

名古屋は芸能の街とか言われているので
探せばいくらでもやっているのでしょうが
なかなか実に行けないです。

それこそ、この前の卒業制作展のミニライブが
○年ぶりのゲージュツへのふれあいでしたから(笑)


↓の迷子ちゃん、早く見つかるといいですね。
2010-09-13-13:31 * チビ太ママ [ 編集 * 投稿 ]

チビ太ママ さん
こういう、ゆったりとしたものもいいですよね。
なんだかなつかしいみたいで・・・。
ほんとうに、すずちゃん、心配です。
2010-09-14-17:50 * 絵咲木 [ 編集 * 投稿 ]