猫好き陶芸作家のカフェ絵咲木へいらっしゃいませ・・・



   
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
プロフィール

山口 久美子

Author:山口 久美子
陶工房 カフェ ギャラリー 絵咲木

猫好きな店主の,ほのぼの毎日。

922745_370488216384073_374179695_n.jpg

福岡県八女市本町65
tel 0943ー22ー2634
月曜店休日

securedownloadにゃん1

はちくんとさくくん。二匹ではっさく。

m

アメリカンショートヘアーのみかん、看板猫10歳♀。長女のお嫁入りでお引越し。

写真 1777JPG

かぼす♂ 2014.5月1日から天使猫修行中

moblog_89e39948.jpg

H23.5/26お空の住人に 茶太郎♂永遠の15歳

20080522175817.jpg

狩が得意で気ままなコルト♀10歳(自宅組)

200809200859001[1]

小さな甘えん坊のココア♀17歳で天使猫修行中



中村文平 苺畑の魔法使い  [オンデマンド (ペーパーバック)]

moblog_afd704f6.jpg

「月のルルカと黒猫スプーン」

516ysE1gozL__SL500_AA300__20140717152608617.jpg


高校の文芸部の先輩、中村文平さんの 児童書です。

ココから注文できます
          中村文平の本

絵本 やくそくどんぐり
60068_435166513249576_529991404_n.jpg
ココから注文できます
          やくそくどんぐり

みかんちゃん

このページはリンク自由です。ただし無断転載はお断りします。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



救急の日

   
 おうちのにゃんこ、コルト。

moblog_61137041.jpg

今朝は、少し涼しい気温だったので、日が当たる縁側寝ていました。

黒くて、顔がわかりません。

みかんも、半分おうち組になりました。

moblog_0dc5b402.jpg

長女が出勤したあと、移動する方に付いてきて、縁側に干していた洗濯を取り込んだら、嬉しそうにダイブ。

おいおい・・・。

みかんといっしょに出勤して、店で下準備をしたあと、買い出しに行ったら、消防士さんたちに囲まれて、え?え?

救急の日らしく、こんなものを頂きました。

moblog_04b826d4.jpg

朝イチでついておりました。

午後は、キャンドルフォルダーの追加注文を頂いたので、作業しました。

moblog_286e2c51.jpg

来年はウサギ年ということで、いろんなうさぎの作品になります。

moblog_dc95831a.jpg

・・・・・・・・・

さて、八女福島の灯籠人形ですが、昨日映像は、昨年の芸題、玉藻之前(たまものまえ)でした。

時は鳥羽院の御代。白川天皇の御所鳥羽院の女官で、当時類例のないほどの美貌であるばかりか、詩歌管弦、また和漢径倫などすべてに秀でた才媛であったので、特に鳥羽院から深く寵愛されていた。

この「玉藻之前」という女性は、実は、白面金毛九尾の狐の化身で、この世を魔界におとしいれようとして院に近づいていたのです。

ある時、帝、清涼殿に於いて管弦楽が催された折りに、突然御殿の灯火が消え失せ、殿中、にかわに騒然となった処に、玉藻之前の眼から一大光明が放たれ、殿中隈無く照明した。

この不思議な事実の出現を見た、当時の陰陽博士安部泰成は、玉藻之前に御幣を持たせて肝胆を砕いて祈祷したところ、やがて、狐の化生となって雲井遥かに遠く下野国那須の原に逃げ去りました。

その時、勅命を受けし、追討の武将三浦上総介義明らが狐狩りを行い完全に退治しました。

しかし、狐の執心はなお残って石の精と化し、「殺生石」となって、近寄る人畜鳥類に禍を及ぼす様になりました。

やがて百年ほどたった後深草の帝の御代、高徳の僧玄扇和尚は御法の仏力を杖に託し、三度この石を打ちすえると、石はまっ二つに割れ、中から野干(九尾の狐)が飛び立ち、さしもの悪鬼も昇天成仏しました。

・・・・・というお話です。

八女の俳人樋口平舎が、宝歴年間の浄瑠璃「玉藻之前」にちなんで明治十二年に作詩、脚色したもので、謡曲「殺生石」も同じ題材によると言われています。

・・・・と、パンフレットに書いてありました(笑)

さて、今年は「吉野山狐忠信初音之鼓」です。

どんなお話でしょうね。

また、明日ーーー。
スポンサーサイト
| comments(3) | trackbacks(0) | page top |
大分秋めいてきて
過ごしやすくなりましたね

私も絵咲木さんに頂いたキャンドル立て
大事に大事に使わせて頂いてます
偶然にも明日の記事でキャンドル立ての話をしようと思って・・・
下書きを書き終わった所です
お時間があったら覗いてみてね
久しぶりに過ごしやすかったですね。
もう来年・・と思ってももう9月^^;
後4カ月で今年も終わりなんですよね・・。
うさぎさんも完成したら見せて下さいね(*^^)

いたずらっこさん
暑いけれど、ちょっとしたときに、あら、涼しい風がって思いますね。
やっぱり秋はそこまで来ているのでしょうね。

ぷんちゃんママさん
本当ですね・・・早いものです。
昨日お洋服の注文をきめていたのですが、
1月、2月ので、全く分かりません。
寒い気持ちになって・・・無理。


この記事のトラックバックURL:
http://toukoubou.blog123.fc2.com/tb.php/777-19fdc84e
<< NEW | TOP | OLD>>