FC2ブログ

絵咲木陶器と猫とカフェ日記 そして田中吉政の歴史

猫好き陶芸作家のカフェ絵咲木へいらっしゃいませ・・・

Top Page › 陶器のお仕事、教室 › 眠いかも・・・。
2010-06-16 (Wed)  18:03

眠いかも・・・。

 お天気で、暑い日でした。

かふさんのおばさまからの、手土産のあじさいのブーケ。

種類がみんな違いますよ。

moblog_48e20700.jpg

花を小さく仕立てておられるそうで、一つ一つ可愛いです。

午後は、あしたばの子供たちがお教室に来ました。

moblog_69e7df69.jpg

そこへ、星野村の十籠焼の丸田先生が入って来られ、すごくイケメンなロマンスグレーなのに親父ギャグ連発。

moblog_f081f677.jpg

お久しぶりですね。

黙っていると、俳優さんみたいなのに・・・。

お得?なお教室時間でしたね、たぶん。

みかんは、昨日に続き忙しいので、ちょっとぶつぶつ言ってそう?

moblog_90555ca8.jpg

あはは、肉球が黒いね。

moblog_17c43fe6.jpg

でも、しばらくしたらこの通り。

moblog_d9c14a23.jpg

今日の看板作業は、こんだけー。

moblog_76b7706c.jpg

その横で次女さんが、先日作ったマスコットキャラクターを着色してますよ。

moblog_1faeb6e6.jpg

何だか、懐かしいキャラクターなんですって。

楽しいらしい・・・。

・・・・・・・・・・・・・・

昨夜、夫の旧友の奥さんの訃報で、午前0時過ぎてましたが、お通夜に行ってきました。

実は、この理容店のご夫婦、30年ほど前、夫が病気で入院して、絵咲木と別れると言ったとき、夫に説得を試みてくれたのでした。

そこの理容店の椅子で、若い絵咲木は泣きに泣きました。

その説得を聞かなかった夫と、お友達は最近まで疎遠になっていました。

そして、みんな別々の時間を過ごし・・・。

夫と絵咲木が再会して、このご夫婦とまたお付き合いが始まった時、すでに奥さんは脳腫瘍で沢山会えませんでした。

だから、お通夜で、彼女に、

「お世話をおかけしました。貴方たち夫婦のお陰で今がありますよ。

有難う・・・。

今度生まれ変わったら、いっぱい遊ぼうね・・・。」って話しかけお別れしました。

ご主人のお顔が切なかったです・・・。

人生って・・・旅は、時として苦しいです。

けれど、生きているものが頑張らなくちゃ・・・。

スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

管理人のみ閲覧できます * by -

* by いたずらっこ
お友達の奥様
心からお悔やみ申し上げます
・・・・合掌

* by 絵咲木
いたずらっこさん
これには、続きが・・・。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-06-16-19:21 * - [ 編集 * 投稿 ]

お友達の奥様
心からお悔やみ申し上げます
・・・・合掌
2010-06-17-13:44 * いたずらっこ [ 編集 * 投稿 ]

いたずらっこさん
これには、続きが・・・。
2010-06-17-17:23 * 絵咲木 [ 編集 * 投稿 ]