猫好き陶芸作家のカフェ絵咲木へいらっしゃいませ・・・



   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

山口 久美子

Author:山口 久美子
陶工房 カフェ ギャラリー 絵咲木

猫好きな店主の,ほのぼの毎日。

922745_370488216384073_374179695_n.jpg

福岡県八女市本町65
tel 0943ー22ー2634
月曜店休日

securedownloadにゃん1

はちくんとさくくん。二匹ではっさく。

m

アメリカンショートヘアーのみかん、看板猫10歳♀。長女のお嫁入りでお引越し。

写真 1777JPG

かぼす♂ 2014.5月1日から天使猫修行中

moblog_89e39948.jpg

H23.5/26お空の住人に 茶太郎♂永遠の15歳

20080522175817.jpg

狩が得意で気ままなコルト♀10歳(自宅組)

200809200859001[1]

小さな甘えん坊のココア♀17歳で天使猫修行中



中村文平 苺畑の魔法使い  [オンデマンド (ペーパーバック)]

moblog_afd704f6.jpg

「月のルルカと黒猫スプーン」

516ysE1gozL__SL500_AA300__20140717152608617.jpg


高校の文芸部の先輩、中村文平さんの 児童書です。

ココから注文できます
          中村文平の本

絵本 やくそくどんぐり
60068_435166513249576_529991404_n.jpg
ココから注文できます
          やくそくどんぐり

みかんちゃん

このページはリンク自由です。ただし無断転載はお断りします。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ゴーゴー

   
黒猫 昨日、おうちに帰ってすぐ、姑から、

「お隣のお爺ちゃんが怒ってこれを持ってこられたよ。」

手には破けたビニール袋に入った食パンが、ぼろぼろに食べかけている様子。

網戸を開けて、茶太郎がやったと言われたらしい。

うちの子に限ってないとも言えないかなぁ・・・でも、フード以外はあげても食べないし・・・

持ってこられたパンをあげても、クンクンするだけで舐めもしない。

だから、昨夜はため息つきながら休みました。

朝、見かけましたよ、この子と間違えてないかなぁ・・・?

画像がちいちゃいけれど・・・大きいにゃんこです。

茶柄が多め。

20091029215828.jpg

うちの茶太郎。

見詰め合っています。

20091029215831.jpg

よく、うちの網戸開けて、キャットフード食べにげしている、そっくりさん。

・・・・・・・・・・・・・花

朝、窯出しして・・・

20091029215850.jpg

緑のお目目のキャンドルスタンド。

20091029215836.jpg

にゃーん。

20091029215834.jpg

がやがや・・・にゃーん。

20091029215848.jpg

葉っぱのキャンドルホルダー。

20091029215845.jpg

お花のキャンドルホルダー。

20091029215843.jpg

梱包して、福岡市西区石丸のどいざき本店さんに出かけました。

葉っぱのキャンドルスタンド。

20091029215838.jpg

20091029215841.jpg

次女をバイト先から拾って、高速で出発。zoomzoom002

まず、井尻に住んでいる長男を乗せて、問屋さんに寄りました。

割烹着のご注文があったので、手短に廻りました。

それからどいざきさんへ。

明後日からなので、まだ通常販売の陳列みたいでした。

来てみてから、長男は懐かしそうでした。

高校卒業後、その頃母子家庭だったので、進学を断念させるか悩んでいました。

(行きたい専門学校が認可外だったので)、長男は新聞奨学生で行くことに決めました。

新聞奨学生とは・・・。

二年間、朝二時過ぎに起きて、新聞を揃え、配達、朝ごはん、学校へ、夕方また新聞を揃え配達、を毎日続けました。

雨の日も、雪の日も、あの福岡の大地震の日もでした。

頑張っていた仕事場とアパートが、すぐ近くでした。

絵咲木母も間違え間違え、応援方々、何度も来た道。

懐かしいなぁ・・・。

そして、次女のご要望のキャナルシティでうろうろ。

暗くなったので、あわてて帰り、

お隣にお菓子を買って、茶太郎のごめんなさいを言いに行きました。

「にゃにゃーん(ごめーん)。」茶トラ

スポンサーサイト
| comments(4) | trackbacks(0) | page top |
ほんと、遠目だと茶太郎くんみたいですね。
その後、お爺さんは怒ってなかったですか??

可愛い作品がずら~っと、キャンドルスタンド可愛いですね。
置くタイプのお香を置いても良さそうですね~

息子さん、遊びたい年頃だったはず?なのに~
きっと絵咲木さん想いの優しい息子さんなんでしょうね・・。
私も仕事をしながら早朝のバイトをしてた時のことを思い出しました(*^^)

ぷんちゃんママさん
隣のお爺さん、夜、お菓子を持っていったら、
嫌な感じではありませんでしたが、
一応言っとこうみたいな事だったらしいです。
隣のワンちゃんが垣根を乗り越えて、いつもうちの敷地でくつろいでいるのを、ちらっと話しましたよ。
可愛いーって。
にゃんこはつないどくわけにはいかないので、今度来たら、
しっかりしかって下さい。
他所にも迷惑かけるといけないので、宜しくお願いします。
と話しました。
絵咲木ニァンズが、たくさん出来ましたね
ワイワイ、ガヤガヤ楽しいお喋りが聞こえてきそうです
一人一人表情が違っていて、絵咲木さんの手の温もりが
伝わってします

絵咲木さんのお子さんは、みんな良い子ですね
お母さんの頑張りを近くて見ていたから
頑張れるんでしょうね
これからだって、どんな困難でも乗り切っていけると思います
いたずらっこさん
母が自分で精一杯なので、しょうがなしに自分で進む道を切り開くことを学ぶのでしょうね・・・。
やりたいことが見えていたので、頑張れたと思いますよ。
もし、行かなくて諦めたのなら、一生行けなかったことを悔やんだでしょうね。
周りや親のせいにしてたかもしれませんね。




この記事のトラックバックURL:
http://toukoubou.blog123.fc2.com/tb.php/542-2dd1fcfe
<< NEW | TOP | OLD>>