fc2ブログ

絵咲木陶器と猫とカフェ日記 そして田中吉政の歴史

猫好き陶芸作家のカフェ絵咲木へいらっしゃいませ・・・

Top Page › 筑後国のお城 › 筑後国江之浦城、田中橋からの~
2021-09-15 (Wed)  18:40

筑後国江之浦城、田中橋からの~

雨が上がったので、午前中、筑後国江之浦城跡、海岸線だった慶長本土居を巡って来ました。

確かにあった田中橋。


江之浦城は、岬に立っていて、この場所には、常夜灯があったのですね。

岡崎の城内にも、吉政は大きな常夜灯を灯しました。

田中橋

田中の道標のあった三叉路、少林寺の西に、折れ曲がった道があります。

これは、福島城下にもあり、福島城の場合は、そこから登城で、会所(城の受付の様な場所)に向かい城内に入ります。

なので、ここから北の方西側に本丸、東側に二の丸があったのですね。

田中橋6


田中橋2

淀姫神社は、田中の時代は、神事も無くひっそりしていたとの事なので、中までは入りませんでした。

現在の参道の入り口を本土居が横切り、後には街道となりました。↓

田中橋3

城下の西側からの眺め↓写真の左側が淀姫神社です。

田中橋4

今日は、矢部川を江浦側に渡った後、先に江浦本丸信号を過ぎてから江浦信号から左に曲がり、街道を田中橋まで行って引き返し、慶長本土居の跡の道を淀姫神社前を通り、そのまま慶長本土居を矢部川まで。

田中橋5

振り返って…、曲がり角。

農地の改良工事で、角ばってますが、少しカーブしていたでしょうね。

江之浦城は、岬にあった。

それはなんとなくわかりました。



スポンサーサイト



最終更新日 : 2021-09-15

Comment







管理者にだけ表示を許可