FC2ブログ

絵咲木陶器と猫とカフェ日記 そして田中吉政の歴史

猫好き陶芸作家のカフェ絵咲木へいらっしゃいませ・・・

Top Page › 歴史 › 田中吉政の曾孫政信
2019-12-14 (Sat)  19:37

田中吉政の曾孫政信

田中吉政の長男吉次、孫に吉勝、そして曾孫が政信です。

先日から、田中家と交流のあった宮城豊嗣の、清富藩関係で残っている日記に、頻繁に五郎左衛門政信の名前が出ると、宮城家家臣の子孫の方から聞くことができました。

政信の消息を知るヒントは?

1、清富藩は、1627年から1643年に存在した藩。その藩に、名前が突然現れて、突然消えてしまう。

2、豊盛の初期の家臣団の名前が出る検地帳や、芦屋時代の史料にも「田中姓」の家臣は見当たらない。

3、豊嗣の代に突然日記に、重臣(恐らく家老の1人)で出てくる。

4、実際他の家老達は宮城家の地元の有力者や名家の出身ばかり。そして豊嗣の変死の3年程前(寛永17頃)には
全く名前が見られなくなる。

5、将軍秀忠に召し出され、賄頭になり、以後旗本として存続した。(1649年10月19日、清揚院殿甲府綱重に付属さられ御賄頭をつとむ。)

6、政信は、1689年に亡くなる。

7、綱重の甲府宰相在職期間は、1661年から1678年の亡くなるまで。

8、江戸城甲府藩上屋敷、桜田の館に出仕していた。

9、宮城家はの京都の菩提寺と、田中家の菩提寺は、同じ金戒光明寺の塔頭で隣り合わせ。

10、田中吉政が、1609年2月に亡くなり、葬儀をする。宮城家とも顔を合せる。

11、宮城頼久、豊嗣の父が、1609年4月に亡くなる。宮城家と田中家は顔を合せる。

12、南禅寺の二代め住持が宮城家。

さぁ、パズルで、謎解きができるでしょうか?



スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-12-16

No Subject * by noboseri1217
綱重のことは山梨県史に出ていますが不明なことが多く詳しく載っていません 今後新たな資料が出てきたらお知らせします

No Subject * by 絵咲木
noboseri1217さん
有難うございます。宜しくお願いします。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No Subject

綱重のことは山梨県史に出ていますが不明なことが多く詳しく載っていません 今後新たな資料が出てきたらお知らせします
2019-12-16-12:59 * noboseri1217 [ 編集 * 投稿 ]

No Subject

noboseri1217さん
有難うございます。宜しくお願いします。
2019-12-16-16:04 * 絵咲木 [ 編集 * 投稿 ]