FC2ブログ

絵咲木陶器と猫とカフェ日記 そして田中吉政の歴史

猫好き陶芸作家のカフェ絵咲木へいらっしゃいませ・・・

Top Page › 柳川城の歴史 › 柳川城、今日は真勝寺土居を歩く
2019-01-21 (Mon)  18:32

柳川城、今日は真勝寺土居を歩く

天気が良いので、柳川に。

はい、またです。

今日も、日吉神社からの、まず殿にご挨拶して、

広いわ、柳川城下。

柳川城下田中吉政銅像

本丸跡の出前を左に曲がり、寺跡を妄想しつつ歩き、日吉神社の参道に戻り、ストリートビューで見ていたら風景を自分の目で確かめ、和菓子のとらやさんに入り、ご主人と奥さまと世間話。

日吉神社参道3

日吉神社参道2


日吉神社参道

そこから、市役所側に曲がり、真勝寺方向へ。

真勝寺に入らずに、そのまま直進。

柳川城堀

小さい可愛いカフェでお茶して、

城の外堀の外の土居を眺めて来ました。


右側が、真勝寺の裏になります。


柳川城堀2


突き当り、奥の方が土居です。

柳川城堀3

ここが、城の南東の端です。

この土居は、柳川城の東大手瀬高御門より真勝寺の南に続く藤吉、今古賀の土居として江戸時代には、柳川城惣曲輪の「外曲輪の土居」といわれた貴重な遺跡です。


「「柳川城沿革」によると、瀬高御門北の際から北の角まで424間(763m)、鋤崎東の角北側から井手橋門の際まで353間(635m)、外曲輪土居の総合計7163間(12893m)、すなわち、3里11町23間とす」


柳川城堀4

豊臣秀吉が、京都に御土居を作った…、一緒に見た経験がある吉政公です。

その土居、そんな感じでしょうか。


スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-01-22

Comment







管理者にだけ表示を許可