FC2ブログ

絵咲木陶器と猫とカフェ日記 そして田中吉政の歴史

猫好き陶芸作家のカフェ絵咲木へいらっしゃいませ・・・

Top Page › 筑後国主田中吉政公 › 三川から、宮部まで
2018-04-24 (Tue)  18:44

三川から、宮部まで

田中吉政公のことを調べ始めて、嬉しいことは、たくさんの人に会えていること。

それが濃ゆくて、そして、またその先の人たちが、偶然にも知り合いだったということに気付き。

そのきっかけで、その人たちが再会して、お互いの安否を確かめ合うことになっていること。

先日、まだお会いできていない長浜市の百々さんが、フェイスブックのお付き合いの中で、私たちがいつもお尋ねしたりしている宮部史談会の国友さんとお知り合いということが判り、

久しぶりにお酒を以て国友さんのお宅を訪ねられて。

数日後、国友さんの奥さんがバイクでお米を持って来てくれましたと、私に伝えて下さいました。

まさに、吉政公生誕地の三川から、宮部継潤の城があった宮部にお酒をお土産に尋ねて見えて、お返しに宮部から三川にお米を以て訪ねて来た…。

たぶん、この織田信長の時代に作られた、軍道のなごりを通って。


26992560_1599545253462296_3891976202411283411_n_20180424180406f73.jpg

右上の赤鉛筆で囲ったところが、田中家の砦があったらしいところ。

左の集落が、今も昔も三川の村。

そして、下の地図が、軍道の想像図。(他の方のブログからお借りしました)

宮部軍道

時々、グーグルのストリートビューで三川の村を散策します。

故郷のように、胸がきゅんとします。

スポンサーサイト



最終更新日 : 2018-04-24

Comment







管理者にだけ表示を許可