猫好き陶芸作家のカフェ絵咲木へいらっしゃいませ・・・



   
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2017 >>
プロフィール

山口 久美子

Author:山口 久美子
陶工房 カフェ ギャラリー 絵咲木

猫好きな店主の,ほのぼの毎日。

922745_370488216384073_374179695_n.jpg

福岡県八女市本町65
tel 0943ー22ー2634
月曜店休日

securedownloadにゃん1

はちくんとさくくん。二匹ではっさく。

m

アメリカンショートヘアーのみかん、看板猫8歳♀。長女のお嫁入りでお引越し。

写真 1777JPG

かぼす♂ 2014.5月1日から天使猫修行中

moblog_89e39948.jpg

H23.5/26お空の住人に 茶太郎♂永遠の15歳

20080522175817.jpg

狩が得意で気ままなコルト♀8歳(自宅組)

200809200859001[1]

小さな甘えん坊のココア♀17歳(自宅組)


中村文平 苺畑の魔法使い  [オンデマンド (ペーパーバック)]

moblog_afd704f6.jpg

「月のルルカと黒猫スプーン」

516ysE1gozL__SL500_AA300__20140717152608617.jpg


高校の文芸部の先輩、中村文平さんの 児童書です。

ココから注文できます
          中村文平の本

絵本 やくそくどんぐり
60068_435166513249576_529991404_n.jpg
ココから注文できます
          やくそくどんぐり

みかんちゃん

このページはリンク自由です。ただし無断転載はお断りします。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



旅最終日

   
嵐山、嵯峨野へ。

河川開削で名のある、角倉了以の屋敷跡へ。

14708183_902966276469595_4857992374063876169_n.jpg

14731119_902966296469593_3533724695177853279_n.jpg

近くの、観光地。

見たことがあるでしょう?

14633068_905966656169557_2052830123776139147_n.jpg

大河内山荘。

ここの、山いっぱいのお庭を登っていくと、向かいの山に了以のゆかりのお寺が見えました。

14642091_902966253136264_4932748087813022779_n.jpg

あそこまでは、行けないと断念したら、反対側から見えました。

そうそう、修学旅行の子供達の間をぬって、ついでにっていうか、金閣寺にも行きました。

14938107_905966669502889_5516520731649804604_n.jpg

そして、京都の町なかに戻り、今度は、了以の別邸跡へ。

がんこさんというお料理屋さんになっていて、そこで食事をしました。

14900539_902965213136368_6879824477486571103_n.jpg

お庭は、当時のものだそうです。

14563435_902965193136370_3929901984644802013_n.jpg


すぐ近くには、三条川原。

14581463_902070673225822_2733186592640029426_n.jpg

瑞泉寺があります。

豊臣秀次の菩提寺です。

14581451_902076873225202_3106410602643980759_n.jpg

昨日、一度お参りしましたが、ご住職にお会いして、この日から特別公開がされているとのことで再度訪れました。

14590340_902076823225207_7749398387016401620_n.jpg

どの展示物を見ても、悲しい気持ちです。

皆さんは、今、真田丸を見て、ご存知な方も多いと思います。

豊臣秀次公の事件。

三条川原でたくさんの秀次公のご家族が処刑されました。

ひとつの穴に埋められ、その上に秀次公の首を置きました。

塚が荒廃していたところを角倉了以が菩提寺としてお寺を建立したのです。

それもあって、了以の住んだ場所を見てみたかったのです。

ここで、今回の旅は終わりです。

スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://toukoubou.blog123.fc2.com/tb.php/1710-bd279f5e
<< NEW | TOP | OLD>>