FC2ブログ

絵咲木陶器と猫とカフェ日記 そして田中吉政の歴史

猫好き陶芸作家のカフェ絵咲木へいらっしゃいませ・・・

Top Page › 筑後国主田中吉政公 › たち花のつしの意味
2016-08-25 (Thu)  13:52

たち花のつしの意味

たち花のつし、橘之辻子の意味がわかりました。

京都の御所の外。

禁裏六町〔一条二町、正親町二町、烏丸町、橘之辻子〕は、御所の警固など禁裏に奉仕するもの達が住むところ。

町通りから派生する横通りに対して辻子の名称が付けられたようであるが、それは町通りになる前段階の道を意味するそうです。

橘之辻子は51番です。

his2_02map.gif

ここに中原家は住んでいたのでしょうね。

ちなみに、御所はそこから右側のようですよ。

hist3_08_02.gif

そして、聚楽第は左側です。

聚楽第にも、吉政公のお屋敷がありました。

20130703094435.jpg

今も、田中町として名前が残っていますよ。


location.jpg

区役所や、いろんな聚楽第とはところから地図をお借りしました。

有難うございました。


スポンサーサイト



最終更新日 : 2016-08-25

Comment







管理者にだけ表示を許可