猫好き陶芸作家のカフェ絵咲木へいらっしゃいませ・・・



   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

山口 久美子

Author:山口 久美子
陶工房 カフェ ギャラリー 絵咲木

猫好きな店主の,ほのぼの毎日。

922745_370488216384073_374179695_n.jpg

福岡県八女市本町65
tel 0943ー22ー2634
月曜店休日

securedownloadにゃん1

はちくんとさくくん。二匹ではっさく。

m

アメリカンショートヘアーのみかん、看板猫8歳♀。長女のお嫁入りでお引越し。

写真 1777JPG

かぼす♂ 2014.5月1日から天使猫修行中

moblog_89e39948.jpg

H23.5/26お空の住人に 茶太郎♂永遠の15歳

20080522175817.jpg

狩が得意で気ままなコルト♀8歳(自宅組)

200809200859001[1]

小さな甘えん坊のココア♀17歳(自宅組)


中村文平 苺畑の魔法使い  [オンデマンド (ペーパーバック)]

moblog_afd704f6.jpg

「月のルルカと黒猫スプーン」

516ysE1gozL__SL500_AA300__20140717152608617.jpg


高校の文芸部の先輩、中村文平さんの 児童書です。

ココから注文できます
          中村文平の本

絵本 やくそくどんぐり
60068_435166513249576_529991404_n.jpg
ココから注文できます
          やくそくどんぐり

みかんちゃん

このページはリンク自由です。ただし無断転載はお断りします。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



田中吉興の時代 田主丸居館跡

   
今日は、はちとさくを去勢の手術に連れて行きました。

早いものです。

ちょっと、剃られているので、早く生えてこないかな。

痛々しいけど、先生に、「いい子でした。」と、ほめて頂き、頑張りました。

お昼ねはっさく

田主丸に行きました。

「田中吉政とその時代」に、忠政の時代に、三男の吉興が30000石で分知され、田主丸に居館を構えた次期があったと書かれています。

「久留米市史」に、田主丸という地名は、大庄屋森田丹後と吉瀬冶部の発起人で、吉興の時代に起こったとされています。

冶部の抱え藪を開いて形成されたとしています。

12189079_899790943437734_987936838766073531_n.jpg

田主丸の駅の前辺り、村島という所がそうです。

駅の中に、「久留米観光コンベーション国際交流協会田主丸事務所」があって、所長さんと話が盛り上がりました。

近くに、巨瀬川、(ほら、以前、巨瀬かわの終点筑後川から運河計画があったことを書きました)あれが流れています。

吉興の後の時代に、大庄屋さんが町並みに自家用の運河を引き込んで、船で荷物を運んでいたとか。

巨瀬川、いい仕事をしています。

もし、あの運河計画が、実行されていたなら、ここの地方と、柳川まで、船で一本に結ばれたかもしれませんね。

それはそれ、なくても、そんな町並みマップが出来たら楽しいでしょうね。

田主丸、果物だけではなく、歴史もすばらしい。

あ、その三男の吉興公、吉政の時代は八女福島城を治めていましたよ。

スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://toukoubou.blog123.fc2.com/tb.php/1636-376b157d
<< NEW | TOP | OLD>>