FC2ブログ

絵咲木陶器と猫とカフェ日記 そして田中吉政の歴史

猫好き陶芸作家のカフェ絵咲木へいらっしゃいませ・・・

Top Page › 筑後国主田中吉政公 › 慶長本土居
2015-11-03 (Tue)  20:25

慶長本土居

殿の運転で、慶長本土居、行ってきました。

田中吉政公が、筑後国に入ってすぐ新田開発のために行ったのが、これです。

12191449_715802601852631_4916076179129601813_n.jpg

慶長7年、8月6日から8日までの三日間。

山門、三潴、下妻の三郡の農民を動員して山門郡鷹尾村(柳川市大和町)より三潴郡酒見(大川市)の北沖村までの大規模な築堤工事が行われました。

深さ1.8メートル幅は羽根の土取り巾分で、掘り起こした土を表の堤に積み上げて固める土盛り工法です。

12191723_715802651852626_3707235516639196729_n.jpg

有明沿岸32キロに及ぶ潮止め築堤工事です。

12193308_715802685185956_1227625619731782836_n.jpg

えーー、三日間で3.2キロ。

機械も無かった時代に、どれだけの人が、呼びかけに応じたのでしょうか。

12193279_715802671852624_5453684446313991110_n.jpg

今も残る、新田竜神宮は、徒歩でしか入れないところでした。

12187916_715802581852633_1155043614973819722_n.jpg

それでも、きれいに掃除されていました。

今回は、遠くからの、吉政公ファンが、逆に案内してくれました。

柳川に何度も、飛行機で訪れては、レンタサイクルや足でいろんなところを散策されていました。

有難うーー、Mちゃん。

またね。

スポンサーサイト



最終更新日 : 2015-11-03

Comment







管理者にだけ表示を許可