FC2ブログ

絵咲木陶器と猫とカフェ日記 そして田中吉政の歴史

猫好き陶芸作家のカフェ絵咲木へいらっしゃいませ・・・

Top Page › 筑後国主田中吉政公 › 名古屋城
2015-10-12 (Mon)  16:33

名古屋城

名古屋の朝を迎えた三日目です。

前日の夕方、レンタカーを戻して、朝からタクシーを貸切でお願いしました。

実は、名古屋に住んでるいとこが勤めていて、勤務を入れ替えてもらって久しぶりの再会です。

かれこれ24年ぶり…。

19年前の母の葬儀の時、来てくれたけど、あわただしくてよく覚えていません……。

プロの腕に安心のドライブで、市内をあちこち。

秀吉の生誕の地。

名古屋13

桶狭間古戦場。

名古屋10

長久手古戦場資料館へ。

そして、名古屋城へ。

名古屋14

田中吉政公が、名古屋城の石垣を作ったとされる場所を探していましたが分かりませんでした。

あきらめて帰ろうとしたところに、目の前におられたボランティアさんに声をかけたら、快く動いて教えて頂きました。

名古屋15

「ここですよーー。」

名古屋16

この植物が、ここには存在しないので、一緒にやってきたものとおっしゃっていました。

そして、ここから、びっくりしたのは、「レプリカが飾ってあるので見ましょうね。」って。

「えぇーー?うそーー。」

名古屋17

最初、入ってすぐのところ、通ってきたのに気がつかなかったのです。

名古屋18

20名の大名の代表で飾ってありましたよ。

ボランティアの中村さん、感謝です。

よくぞ、私の前に立っていて下さった!

気付かずに帰るところでした。

名古屋23

そして、いとこのお母さんが若くして亡くなってご縁が薄れて、もう会えないと思っていたけど、こうして会えることが出来た。

esb.jpg

違う伯母ちゃんに抱っこされているのが私です。

立っているのがいとこ兄弟。

私の母とすぐ上のお姉ちゃんという関係で、私たちも兄弟のように遊んでいました。

この頃、伯母さんが亡くなりました。

そして、24年くらい前に、法事で会って以来。

名古屋19

弟のほうが私とひとつ違いなので、兄弟のようで、いつも気になっていました。

この仕事をしてくれていたおかげで、一日いろんな話が出来て、幸せでした。

うちに残っている古い写真を送ってあげるように約束して別れました。

何だか、このごろ、ご先祖が応援してくれているとしたら、文平さんのご先祖、私のご先祖、田中さんのご先祖の吉政公。

みんな総出で応援してくれている……、そう思えて仕方ありません。

有難うございます。

そして、現実へと戻っていったのでした……。


通常業務に戻ります。


スポンサーサイト



最終更新日 : 2015-10-12

Comment







管理者にだけ表示を許可