猫好き陶芸作家のカフェ絵咲木へいらっしゃいませ・・・



   
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2017 >>
プロフィール

山口 久美子

Author:山口 久美子
陶工房 カフェ ギャラリー 絵咲木

猫好きな店主の,ほのぼの毎日。

922745_370488216384073_374179695_n.jpg

福岡県八女市本町65
tel 0943ー22ー2634
月曜店休日

securedownloadにゃん1

はちくんとさくくん。二匹ではっさく。

m

アメリカンショートヘアーのみかん、看板猫8歳♀。長女のお嫁入りでお引越し。

写真 1777JPG

かぼす♂ 2014.5月1日から天使猫修行中

moblog_89e39948.jpg

H23.5/26お空の住人に 茶太郎♂永遠の15歳

20080522175817.jpg

狩が得意で気ままなコルト♀8歳(自宅組)

200809200859001[1]

小さな甘えん坊のココア♀17歳(自宅組)


中村文平 苺畑の魔法使い  [オンデマンド (ペーパーバック)]

moblog_afd704f6.jpg

「月のルルカと黒猫スプーン」

516ysE1gozL__SL500_AA300__20140717152608617.jpg


高校の文芸部の先輩、中村文平さんの 児童書です。

ココから注文できます
          中村文平の本

絵本 やくそくどんぐり
60068_435166513249576_529991404_n.jpg
ココから注文できます
          やくそくどんぐり

みかんちゃん

このページはリンク自由です。ただし無断転載はお断りします。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長浜の旅

   
行って来ました。

再び長浜市へ。

一日目は、時間外で入れなかった長浜城へ再チャレンジ。

長浜市長浜城歴史博物館へ。

そして、その足で宮部史談会の方々に会うために宮部神社へ移動。

前にも書きましたが、いろんな人を経由してめぐり合った面々。

「あんたが山口さんね。声でわかったよ。」って。

11903988_691062060993352_7825140384725601482_n.jpg

それぞれに得意技があって、皆さんの笑顔に感謝です。

たくさんの情報と人情、嬉しくて嬉しくて。

11903841_691062104326681_6262927733350275715_n.jpg

お土産まで、頂き、そして、さらに例の宮総代の河山豆腐屋さんに大きなお豆腐を買いに走ってもたせてまで頂き…。

解散したあとも、軽トラで姉川や古戦場跡を先導案内して頂き…。

感謝、感謝でお別れしてきました。

滋賀夕刊の記者さんも来ていて取材してもらい。

見ることはできないと思っていたら、長浜市役所の広報課の方がフェイスブックのメッセージで送ってくれました。

ネット上でお友達になりました。

11900508_876968185701803_1246206855_o.jpg

そして、次の日は、長浜城博物館の館長さんのお話を聞くために国友鉄砲の里資料館で待ち合わせ。

私たちが思っている通り、田中吉政公はすごい人だったようです。

秀吉公の一番頼りにしていた人物だったとのこと。

この方が言うなら間違いないとのことです。

11947578_691062044326687_7287735778791416130_n.jpg

近江八幡城でも、秀次公がほとんど京都にいて、実質、筆頭家老の吉正公が実務していたとのこと。

それを聞けただけでも、安心しました。

そして、石田三成の出生の地を回り、安土城あたり、信長の館の施設に入りました。

それから、近江八幡市へ。

八幡城跡へロープーウェイで登りました。

11218984_691062027660022_6986651223410486567_n.jpg

11061172_690440984388793_9152016122956816574_n.jpg

城下町に戻り、お茶をしようと、以前入ったたねやさんに行ったらいっぱい。

ぷらぷら歩いて、かわらミュージアムのカフェを見つけて行ったら臨時休業。

途方にくれていたら、そこに立っていたおじさんが、カフェを教えてくれたので、てくてく歩いて行きました。

町家のお店「尾賀商店」さん。

11947596_690440994388792_1670844995243295984_n.jpg

カフェスペースで冷たいものとパフェを頂いて、置いてある古道具を見ていたら、オーナーさんがおられて、吉政公のことを話し込む。

帰りぎわに、「もし、聞きたいことがあれば、今晩は近江八幡に泊まっています。」と、お伝えして帰ったのです。

そしたら、電話がかかってきて、「ホテルに数人連れてきますから会いましょう。」と。

声を掛けられ来てくれた観光協会の若手男子。

そして、場所を変えて、歴史の話、観光の話、町並みの話、深く熱く話しました。

あの時、たねやさんが空いていたら、こんな楽しい時間は持てなかったでしょう。

あの時、あのおじさんが、お店を教えてくれなかったなら、こんなご縁はできなかったでしょう。

そして、八女でしたような歴史展の予定が決定しました。

9月の19.20日の二日間。

次の朝、また「尾賀商店」さんにお邪魔して、歴史展の会場を見せて頂きました。

左はオーナーさん。

たまたま空いているからと言っていただきましたが、お安く貸して下さいました。

11947557_691062017660023_5387287249972259787_n.jpg

絵咲木は、八女のお祭りがあるので、今回は、田中さんと文平さんと文平座の子たちが行く予定です。

そして、京都へ出発。

吉政公の菩提寺、光明寺へ。

文平さんが、お墓の前で、しばらく離れがたく感極まっておられました。

ここでは、お葬式だけで、柳川の真勝寺に眠っておられます。

それから、伏見城跡を見て。

11954583_691062007660024_8827726707821729343_n.jpg

城の傍の、田中吉政の屋敷跡と言われる、呉竹総合支援学校の門の前で写真を撮りました。

ここで、全スケジュールは終わりました。

一度目の旅よりずっと、今度は、人と人とのご縁の深い旅でした。

そして、そのご縁は、帰ってからも続いているのです。

「尾賀商店」のオーナーさんが、快く思って頂き、吉政公を知りたい、知らせたい気持ちで動いて頂いているのです。

いつの日か、岡崎と、京都、近江八幡、筑後の国の田中サミットが行われる日が来ることを夢見て頑張ります。

私の本「田中吉政お慕い申しそうろう」がもうすぐ出来上がりますよ。

えへへ。

チョキチョキパパさんも、おうちで姑のお世話を頑張ってくれました。

みんなに支えてもらって、さらに頑張る絵咲木です。

しかし、京都は暑かったーー。

そして、今朝方の台風のすごい風。

家が、飛ばされるかと思ったね。

無事で何よりでした。



スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://toukoubou.blog123.fc2.com/tb.php/1616-2a122579
<< NEW | TOP | OLD>>