FC2ブログ

絵咲木陶器と猫とカフェ日記 そして田中吉政の歴史

猫好き陶芸作家のカフェ絵咲木へいらっしゃいませ・・・

Top Page › 筑後国主田中吉政公 › 花宗川
2015-07-19 (Sun)  17:30

花宗川

今朝は、田中吉政公が八女市の矢部川から引き入れて作った運河、花宗川を見てきました。

11745768_851846611565501_6164538871647321210_n.jpg

福岡県八女市津江(つのえ)の矢部川花宗堰から分流。

筑後市の中央部を西に流れ大川市大字向島と大川市大字小保の境界で筑後川に合流します。

右側が分岐点です。

11169168_851846598232169_931945421775581447_n.jpg

空が夏の空になりました。

11742895_851846584898837_4376745406456461792_n.jpg

河川の名称は、立花宗茂に由来しています。

その工事を始めたのが立花公で、引継ぎ、田中吉政公と忠政の親子二代で完成しました。

この矢部川が、増水して、すごい濁流になり、ニュースで流れたのは今の時期でしたね。

3年前…でした。

花宗川は、ここからスタート。

思ったよりも、幅の広い、大きな川です。

私の通勤は、ここから少し下流の、この川に架かった橋を毎日通ります。

吉政公がこの運河の工事をしているとき、あの久留米の筑後川から有明海までの運河計画に夢をめぐらせていたのでしょう。

川はの流れは、隆々と、力強く感じられました。


スポンサーサイト



最終更新日 : 2015-07-19

Comment







管理者にだけ表示を許可