猫好き陶芸作家のカフェ絵咲木へいらっしゃいませ・・・



   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

山口 久美子

Author:山口 久美子
陶工房 カフェ ギャラリー 絵咲木

猫好きな店主の,ほのぼの毎日。

922745_370488216384073_374179695_n.jpg

福岡県八女市本町65
tel 0943ー22ー2634
月曜店休日

securedownloadにゃん1

はちくんとさくくん。二匹ではっさく。

m

アメリカンショートヘアーのみかん、看板猫8歳♀。長女のお嫁入りでお引越し。

写真 1777JPG

かぼす♂ 2014.5月1日から天使猫修行中

moblog_89e39948.jpg

H23.5/26お空の住人に 茶太郎♂永遠の15歳

20080522175817.jpg

狩が得意で気ままなコルト♀8歳(自宅組)

200809200859001[1]

小さな甘えん坊のココア♀17歳(自宅組)


中村文平 苺畑の魔法使い  [オンデマンド (ペーパーバック)]

moblog_afd704f6.jpg

「月のルルカと黒猫スプーン」

516ysE1gozL__SL500_AA300__20140717152608617.jpg


高校の文芸部の先輩、中村文平さんの 児童書です。

ココから注文できます
          中村文平の本

絵本 やくそくどんぐり
60068_435166513249576_529991404_n.jpg
ココから注文できます
          やくそくどんぐり

みかんちゃん

このページはリンク自由です。ただし無断転載はお断りします。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



筑後国主田中吉政 柳川本城跡

   
初代筑後国主田中吉政。

その居城とした柳川城跡。

行ってきました。

1securedownload柳川

五層の天守閣の写真や絵を見ていたので、ここは行ったことがなかったのですが…。

7securedownload柳川

柳川市役所を通り過ぎ、「本町」交差点で右折。

「城南町」交差点を超え右手に柳川高校、その横に城南中学校があって、こここそが柳川城跡。

城南中学校敷地の柳川高校側に天守台跡が見える。


2securedownload柳川

今まで、周りの支城をめぐってばかりでしたが…。

securedownload柳川6

やっぱり、この土地に立つと、心がときめきます。

5securedownload柳川

ここから、吉政公の壮大な夢がひろがったんですね。

securedownload柳川3

この周りの堀らしきものは、ずいぶん埋め立てられたのでしょうね。

securedownload柳川4

でも、町の中の掘割を行き交う船が、観光でも楽しみの一つとなっています。

一時期は、その掘割もよどんで大雨が降ると浸水して、その流れの重要さがまた見直されたのです。

今はまた住民の方々できれいにして維持されています。

城南中学校を過ぎてすぐ左側に「有料大駐車場」の看板が出ているので、左折して柳川パーキングセンターに駐車しました。

御花へ行くのなら、そこまで行くと駐車場があった気がしますが、ここだけを見るとなると、中学校には止められないのでこの駐車場に止めたほうが正解ですが…。

一時間も止めなかったけれど、車種で駐車料金は決まっていて、軽自動車は500円でした。

観光地になったからかなぁ…、八女市は今のところ、町めぐりのための駐車場はどこも無料ですが。

帰りに払うのだろうと、車を降りたら、ひろーい駐車場の端っこから、おじさんが「ちょっとちょっと!」と叫んでおいでおいでと手招き。

ちょと、「え?」(逃げませんよぉ…と心でつぶやきました)

どこに行っても思うのは、良い思い出は、人とのふれあいの暖かさ。

ちょっと、残念!

そう思うから、駐車場料金取るなら、よくある出入り口なある料金システム整備なされませと思うのでありました。

スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://toukoubou.blog123.fc2.com/tb.php/1600-17de6332
<< NEW | TOP | OLD>>