猫好き陶芸作家のカフェ絵咲木へいらっしゃいませ・・・



   
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
<< 2017 >>
プロフィール

山口 久美子

Author:山口 久美子
陶工房 カフェ ギャラリー 絵咲木

猫好きな店主の,ほのぼの毎日。

922745_370488216384073_374179695_n.jpg

福岡県八女市本町65
tel 0943ー22ー2634
月曜店休日

securedownloadにゃん1

はちくんとさくくん。二匹ではっさく。

m

アメリカンショートヘアーのみかん、看板猫8歳♀。長女のお嫁入りでお引越し。

写真 1777JPG

かぼす♂ 2014.5月1日から天使猫修行中

moblog_89e39948.jpg

H23.5/26お空の住人に 茶太郎♂永遠の15歳

20080522175817.jpg

狩が得意で気ままなコルト♀8歳(自宅組)

200809200859001[1]

小さな甘えん坊のココア♀17歳(自宅組)


中村文平 苺畑の魔法使い  [オンデマンド (ペーパーバック)]

moblog_afd704f6.jpg

「月のルルカと黒猫スプーン」

516ysE1gozL__SL500_AA300__20140717152608617.jpg


高校の文芸部の先輩、中村文平さんの 児童書です。

ココから注文できます
          中村文平の本

絵本 やくそくどんぐり
60068_435166513249576_529991404_n.jpg
ココから注文できます
          やくそくどんぐり

みかんちゃん

このページはリンク自由です。ただし無断転載はお断りします。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



筑後国城島城の話

   
筑後国城島城の話。

調べていくと、いろんな難問に突き当たります。

11535788_837989382951224_4090354107650588676_n.jpg

城島城跡。

筑後に入部した田中吉政は家臣の宮川讃岐を置きました。

11010573_837989392951223_6255044789832803630_n.jpg

桜の時期ははとてもきれいだそうです。

549370_837989416284554_9218523576175853687_n.jpg

ここは町の中ではなく、筑後川に近い場所にあります。

筑後国城島城の話…。

「城島むかし」「田中興廃記」などは、こうか書かれています。

田中忠政が大阪夏の陣に遅れたのは、城主の宮川大炊が、他の武将と喧嘩になり、忠政に刀を抜いて成敗された事件が起こったからだと。

宮川一族が城に立て篭もり息子の15歳の小一郎が城兵を助けるために切腹して、城落したと書かれていています。

城島には、城島城跡に小一郎を祀る天満宮が確かにあります。

でも、まず、大炊の息子は、丹後と言いますが、重い役所のまま務め上げます。

成敗された父を持つ一族は、それは無理だと思います。

そして、落城と言うと、「八院の戦い」と言って関ヶ原前の戦の話があります。

九州平定前の話で、城島城も激戦地でした。

小一郎の命日は、旧の11月。

夏の陣は夏だし、西牟田氏の落城は、命日と同じ月。

田中忠政の時代に宮川一族が立てこもり、落城した話はごちゃ混ぜです。

こう考えると、大阪夏の陣の遅れた話は、なかったのかもしれません。

時代の違うあちこちの話を組み合わせたお話は、歴史として、考えてはいけないです。

この昔の読み物を参考に書かれた町の市史はとても多いです。

早く直して欲しいです。

次期を待たねばしかたありません。


スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://toukoubou.blog123.fc2.com/tb.php/1597-f0ac6435
<< NEW | TOP | OLD>>