猫好き陶芸作家のカフェ絵咲木へいらっしゃいませ・・・



   
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
プロフィール

山口 久美子

Author:山口 久美子
陶工房 カフェ ギャラリー 絵咲木

猫好きな店主の,ほのぼの毎日。

922745_370488216384073_374179695_n.jpg

福岡県八女市本町65
tel 0943ー22ー2634
月曜店休日

securedownloadにゃん1

はちくんとさくくん。二匹ではっさく。

m

アメリカンショートヘアーのみかん、看板猫10歳♀。長女のお嫁入りでお引越し。

写真 1777JPG

かぼす♂ 2014.5月1日から天使猫修行中

moblog_89e39948.jpg

H23.5/26お空の住人に 茶太郎♂永遠の15歳

20080522175817.jpg

狩が得意で気ままなコルト♀10歳(自宅組)

200809200859001[1]

小さな甘えん坊のココア♀17歳で天使猫修行中



中村文平 苺畑の魔法使い  [オンデマンド (ペーパーバック)]

moblog_afd704f6.jpg

「月のルルカと黒猫スプーン」

516ysE1gozL__SL500_AA300__20140717152608617.jpg


高校の文芸部の先輩、中村文平さんの 児童書です。

ココから注文できます
          中村文平の本

絵本 やくそくどんぐり
60068_435166513249576_529991404_n.jpg
ココから注文できます
          やくそくどんぐり

みかんちゃん

このページはリンク自由です。ただし無断転載はお断りします。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



「をぐり」2014

   
昨年と2度目の公演ですが、今回初めての方のためにあらすじを・・・

そもそもこの物語の発端は、京の都におわします二条大納言兼家さま。
子どもの出来ないことを嘆いて、鞍馬山にお参りして授かったのが、幼名・有若、
頭脳明晰、成績優秀、すくすくと成人し、常陸小栗どのとお成りある。

942078_572491289460577_1997883407_n_2014061520554444d.jpg(昨年のイメージ写真です)

ところがこの小栗、気に入る女がおらぬと嫁を嫌って独身を通しております。
あるとき、鞍馬に詣でる途中、
一興にと横笛を吹いていたところ、近くの深泥(みぞろ)ヶ池にすむ大蛇、
その音(ね)に聞き惚れ、美女に変身。
小栗とちぎりを結びます。

それが都じゅうのうわさとなって、父の兼家さまは大激怒。
小栗は今の茨城、常陸の国へと飛ばされます。
そこで官職を与えられ、判官(はんがん)とお成りある。

さてそこへ、化粧品や薬をセールスして歩く小間物商人、
後藤左衛門が訪ねてまいります。
彼が、評判の美人の話をすると、小栗は、その姿を目にしていないのに一目惚れ。
その美人こそ、武蔵・相模(現・神奈川県)の国の郡代、横山大膳の娘、照手姫、
後藤左衛門は橋渡しとなって、小栗のラブレターを姫に届けます。


照手姫も、その文をすっかり気に入り、二人は相思相愛。
ところが、姫の父親の横山大膳は、この結婚に猛反対。
しかし、そのことは表に出さず、三男の三郎がはかりごとを巡らし、
ひそかに小栗を殺そうと企てます。

そんなことともつゆ知らず、十人の家臣と横山家を訪れた小栗。
そこで横山大膳は、馬の鬼鹿毛(おにかげ)に乗ってみよと誘います。
この鬼鹿毛は、小山ほどもあるという暴れ馬。
人間を秣(まぐさ)代わりに食べている人喰い馬で、
これに殺させようというわけです。
ところがこの暴れ馬、今にも小栗を踏みつぶすかと思いきや、
小栗に言葉をかけられた途端、すっかりおとなしく従順となる。
小栗を背中に乗せて、碁盤の上に乗るという曲芸までやってのける。
腕ではかなわないと踏んだ横山大膳は、三男の三郎に言われるまま、
宴会の酒に毒を盛り、小栗と家臣十人を毒殺します。

これでは都の聞こえが悪いと考えた横山大膳、わが娘照手姫まで殺そうとする。
そこで家来の鬼王・鬼次兄弟に、姫を川に沈めよと言いつけます。
牢輿(ろうごし)という罪人を入れる乗り物に姫を閉じ込め、舟に乗せ、
相模川のおりからが淵へ。

ところが兄弟には、どうしても姫を殺すことができません。
沈めるための重しである大石をつないだ綱を断ち切ります。
かくて姫を乗せた牢輿は、沈むことなく、流れ流れて川下へ。
そうして流れ着いたところが、海の浜。
その浜「ゆきとせが浦」は、現在の横浜市金沢区野島あたりかといいます。

発見した漁師たちは不審に思い、不漁続きはこいつのせいだと打ち叩こうとする。
そこへ割って入ったのが漁民のリーダーである村君の太夫(たゆう)。
太夫は姫を助けて家へ連れ帰ります。
しかし、それが気にくわないのが太夫の奥さん。
照手姫の白い美肌も気にくわない。
そこで太夫が仕事で留守のあいだ、姫の雪の肌を黒くすすけさせてやろうと、
松葉をくべて煙責め。
けれども、姫は無事に過ごします。
というのも、姫のかげに寄り添っている観音さまのおかげなのでした。
(照手は日光山の申し子ゆえ、本尊の千手観音が護ってくださったといいます。)
そこでいよいいよ腹を立てた太夫の奥さん、太夫に内緒で、
姫を六浦が浦(現・横浜市金沢区六浦あたり)の人買い商人に売ってしまいます。

姫はその身を売られては買われ、流れ流れてたどり着いたのは、
美濃の国は青墓の宿(現・岐阜県大垣市青墓)の宿屋でした。

その美貌から遊女にさせられそうになるところを病気と偽って、下働き。
今は亡き夫の故国(常陸の国)にちなんで、「常陸小萩」と名を変える。
井戸の水を汲み上げて運んでは、お客の世話やら馬の世話やら、
下女16人分という超ハードな仕事に明け暮れます。
さてところで、もう一方の主人公、夫の小栗がどうしたかといえば……。
毒殺された彼は十人の家臣とともに地獄へ下ります。

閻魔大王が裁いて言うには、
「小栗を悪修羅道へ落とすべし、
家臣には罪がないゆえに、娑婆へ生き返らせるべし」。
すると家臣たち、「われらはどうなっても、主の小栗を助けてほしい」と懇願します。
そのこころに感じ入った大王は、十一人を生き返らせようとする。

ところが、小栗は土葬で、家臣は火葬。
家臣は生き返ろうにも体がない。
そこで十人は、そのまま地獄に残り、閻魔大王を補佐する十王となって
末世の衆生のために今もはたらいている──と、説経では伝えています。
地獄の十王は、実は小栗判官の家臣だったんですね。

閻魔大王は、「藤沢の御上人」へと手紙を書き、小栗に付してよみがえらせる。
すると、上野(うわの)が原の小栗塚、かっぱと卒塔婆が倒れたかと思うと、
塚が四方に割れて開き、カラスが群れて騒ぎ立てる。

ちょうど近くを通りかかった藤沢の御上人、何事かとみれば、
そこに変わり果てた小栗の姿を見つけます。
(このくだり、「小栗略縁起」と同様に、
上人の夢枕に閻魔大王が立ってメッセージを伝えたということになっています。)

「藤沢の御上人」とは、
藤沢市にある時宗の総本山・遊行寺(清浄光寺)で、代々「遊行上人」と称される法主(ほっす)。
大空上人とも、呑海上人ともいわれます。
また、相模原市にある同じく時宗の当麻道場(無量光寺)の上人(明堂智光)とも混同され、
説経では、「明堂聖(ひじり)」とも言っています。

さて、小栗はといえば、髪はぼうぼう、手足は糸より細く、
腹には毬(まり)をくくりつけたよう。
目も見えず、耳も聞こえず、立つこともできず、あちらこちらを這い回る。
姿が、餓鬼に似ていることから「餓鬼阿弥陀仏(餓鬼阿弥)」と名付けられます。

下は、「餓鬼草紙」の中に描かれた栄養失調の“餓鬼”の姿。
閻魔大王が御上人宛に書いてよこした文を読めば、
小栗は、熊野の湯の峯の温泉につからせれば、蘇生できるとある。
そこで、御上人、餓鬼阿弥(小栗)を土車に乗せ、土車には綱を付け、
「この者を、一引き引いたは、千僧供養、
二引き引いたは、万僧供養」
と書いた看板を首にぶら下げます。

つまり「供養になるので、どなたか引っぱって車を動かして下さい」
ということですね。

土車とは、土を入れて運ぶ車のようですが、
当時は、病気や障害で歩けない人が乞食となり、
こうした車に乗るということがあったようです。
また、癩病の人が乗ることが多かった。
だから後に、「餓鬼阿弥(あみ)」が「餓鬼やみ」と言われ、
「餓鬼病み=癩病」というイメージが出来てしまったということです。

971472_572486022794437_1881701140_n_20140615205543c80.jpg

供養を想う善意の人々の手に引かれ引かれつつ、少しずつ、少しずつ、
東海道を西へ上り、熊野を目指す道行きが語られます。

そして青墓の宿へと着いたとき、今は常陸小萩となった照手姫が目をとめる。
餓鬼阿弥が、まさか自分の夫の変わり果てた姿とは気づかぬまま、
しかし気になってしかたがない。
亡き夫の供養のため、家臣10人の供養のためと、
渋る宿の主人に何とか5日間の休暇をもらい、車を引く手伝いをいたします。

女性が付き添うとなれば余計な詮索も受けたくないと、
わざわざ古い烏帽子をかぶって巫女に扮し、もの狂いのフリをして、
引っぱる子どもたちを囃し立てている餓鬼阿弥の絵は、御物絵巻「をくり」では、いかにも餓鬼らしい姿で描かれています。


5日の休暇を使って、常陸小萩は、近江の国は逢坂関の東にある関寺まで送り届けた後、
青墓の宿へと引き返します。
餓鬼阿弥の土車は、さらに進み、とうとう熊野の湯へとたどり着く。
そうして温泉に浸かること49日目。
元の小栗へと復活します。

彼が向かったのは、実家の京都、二条大納言兼家の屋敷。
しかし、小栗と名乗られても、ゾンビではあるまいし、
まさか死んだはずの息子が訪ねてきたとは信じられず、
「失礼だが、試させてもらうぞ」と兼家は、
障子越しに小栗をめがけて弓をひき、ひょうとぞ放つ。

すると、二条家に代々伝わる「矢取りの術」の秘伝、
幼い頃より教えられ修練してきたその技で、
小栗、一の矢を右手ではったとつかむ。
続いて放たれた二の矢を左手ではったとつかむ。
さらに飛んでくる三の矢を、歯でがちとかみしめ受けとめる。

この技が出来るのは小栗しかおらぬと、兼家は大喜びして勘当を解き、
御門(みかど)からも領地を賜ります。
そして、照手姫と再会。
横山大膳を討とうと取り囲みますが、姫の言葉で思いとどまり許します。
が、計画の首謀者である三男の三郎は罰して死罪に。

かくして、京都、常陸、藤沢、青墓、熊野と、各地を結ぶ物語は
大団円を迎えます。
そして物語は、各地に伝説を残しました。

詳しくは、紙芝居屋・甲介の「ポレポレでいこう!」というブログからお借りしました。
有難うございました。

スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://toukoubou.blog123.fc2.com/tb.php/1507-e985ddf4
<< NEW | TOP | OLD>>