猫好き陶芸作家のカフェ絵咲木へいらっしゃいませ・・・



   
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
プロフィール

山口 久美子

Author:山口 久美子
陶工房 カフェ ギャラリー 絵咲木

猫好きな店主の,ほのぼの毎日。

922745_370488216384073_374179695_n.jpg

福岡県八女市本町65
tel 0943ー22ー2634
月曜店休日

securedownloadにゃん1

はちくんとさくくん。二匹ではっさく。

m

アメリカンショートヘアーのみかん、看板猫10歳♀。長女のお嫁入りでお引越し。

写真 1777JPG

かぼす♂ 2014.5月1日から天使猫修行中

moblog_89e39948.jpg

H23.5/26お空の住人に 茶太郎♂永遠の15歳

20080522175817.jpg

狩が得意で気ままなコルト♀10歳(自宅組)

200809200859001[1]

小さな甘えん坊のココア♀17歳で天使猫修行中



中村文平 苺畑の魔法使い  [オンデマンド (ペーパーバック)]

moblog_afd704f6.jpg

「月のルルカと黒猫スプーン」

516ysE1gozL__SL500_AA300__20140717152608617.jpg


高校の文芸部の先輩、中村文平さんの 児童書です。

ココから注文できます
          中村文平の本

絵本 やくそくどんぐり
60068_435166513249576_529991404_n.jpg
ココから注文できます
          やくそくどんぐり

みかんちゃん

このページはリンク自由です。ただし無断転載はお断りします。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



母の思い

   
 今日は、曇ったり小雨だったり、少しずつ寒くなってきました。

星野のお茶屋さんの若旦那が、久しぶりにやって来ました。

棚田米のお土産持って。

moblog_4d77e5a2.jpg

新米ですー。

また、茶葉の楽しい話をいっぱいしました。

姑がお世話になっている、ディケア施設のオーナーのT君が、これ、作ってきてくれました。

moblog_b3d4842b.jpg

昔、うちの子供が小さかった頃、ボラ連(ボランティア連絡協議会)という組織に所属していました。

まだ、今みたいにヘルパー事業がなかった頃、外出したいお年寄りや障害者の方の車椅子を押したり、サポートするグループの集まりでした。

その時の同志でした。

知らなかったけど、今、「しばいするったい」や木曜の会の仲間のE君も、そのお仲間だったみたいです。

お芝居のお稽古に来た二人、ここで再会、ご対面で、絵咲木と双方「えぇー?」でした。

以前も、ちらっと思いましたが、里見八剣伝の散らばった仲間が、一話ごとに集まって来て、段々話が面白くなっていく・・・。

まさに、実感しております。

moblog_08746c8e.jpg

いろいろな役割、実力を持った、純粋な若者たちが、絵咲木、鳥肌ものでございますよ。

もう1つ、このE君、実はお坊さん、それも、絵咲木の運命を握っているお人ですよ。

moblog_8f16342b.jpg

先日、絵咲木の夢にお母さんが出て目が覚め、「あれ、でも今の母だった?」と、うとうと、そしてまた、その人が現れ目が覚め、お母さんという言葉だけが胸に残っていました。

その夕方は木曜日で、たまたま一番最初に来たE君に、何も考えずに「文平さんのお母さんのお参りを、いつだか分からないけど頼みたい」と伝えました。

東京で亡くなっておられる文平さんのお母さんが、気になって仕方なかったからです。

うちの母じゃない気はしていました。

亡くなられた年、月日も知らなくて、お墓だけは東京で買ったと聞いていました。

大きな仏壇のある、八女の実家は知人に貸してあるらしく、位牌だけを持って帰って来たことを聞いていたので、八女のお寺には繋がりが無くなっている状態なので、そう思ったのでした。

彼にだから頼まれることでした。

そこへ、文平さんが来たので、そう言いました。

すると「あ、今月、命日だよ。」と。

じゃあ、今月なら、いつがお休み?とE君に聞くと、「26日なら、大丈夫ですよ。」

文平さんが「ちょっと命日を確認して来るね。」と。

待っている間、絵咲木とE君は、「あちゃあー今月だったって、いつかわからないけどって言ってたら、ねぇ。」と笑っていたら・・・。

文平さんが、不思議な顔をして戻って来ました。

「26日やった・・・。」
わーぉ・・・。

そして、それが今日。

さっき、T君と偶然一緒になって、ご飯を食べていました。

そして、一度帰って、僧侶としてまた来てくれるのでした。

顔も知らない文平さんのお母さん、私に、何か言いたかったのでしょうか・・・。

大丈夫ですよ。

文平さんは、八女に戻って、楽しくやってますよ。

さぁて、絵咲木の母の夢は、最近見ないなぁ・・・。

スポンサーサイト
| comments(4) | trackbacks(0) | page top |
No title
ほんとうに不思議・・。
偶然と偶然が重なって・・・。
なるようになる・・・。
見えない力に引かれるってあるのかなぁ・・。
私も偶然、行きたかった絵咲木カフェに入った経験もあるし・・。
絵咲木さんのまわり、パワースポットみたいですね。
No title
きらたるさん
どんどん集まってくる、私にとって大事な人たち。
きらたるさんも、その一人ですよ。
No title
不思議なこともあるもんですね~

文平さんのお母さんは、きっと絵咲木さんに
お礼を言いに来たんですよ
命日も忘れてる息子(文平さん、ごめんなさいっ)に
今まで絵咲木さんが色々お世話してくれて
ありがとう♪って
No title
いたずらっこさん
みんな顔を見合って、わぁお・・・でした。
こんなことがあるんですねぇ。
フェイスブックのアプリで、いろんな人をあちらが勝手に選んで、相関図を作るお遊びがあるのですが。
そこに文平さんが、生き別れた兄妹とあがってきたのには驚きました。
おぉーーでした。


この記事のトラックバックURL:
http://toukoubou.blog123.fc2.com/tb.php/1332-facbe6a5
<< NEW | TOP | OLD>>