猫好き陶芸作家のカフェ絵咲木へいらっしゃいませ・・・



   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

山口 久美子

Author:山口 久美子
陶工房 カフェ ギャラリー 絵咲木

猫好きな店主の,ほのぼの毎日。

922745_370488216384073_374179695_n.jpg

福岡県八女市本町65
tel 0943ー22ー2634
月曜店休日

securedownloadにゃん1

はちくんとさくくん。二匹ではっさく。

m

アメリカンショートヘアーのみかん、看板猫10歳♀。長女のお嫁入りでお引越し。

写真 1777JPG

かぼす♂ 2014.5月1日から天使猫修行中

moblog_89e39948.jpg

H23.5/26お空の住人に 茶太郎♂永遠の15歳

20080522175817.jpg

狩が得意で気ままなコルト♀10歳(自宅組)

200809200859001[1]

小さな甘えん坊のココア♀17歳で天使猫修行中



中村文平 苺畑の魔法使い  [オンデマンド (ペーパーバック)]

moblog_afd704f6.jpg

「月のルルカと黒猫スプーン」

516ysE1gozL__SL500_AA300__20140717152608617.jpg


高校の文芸部の先輩、中村文平さんの 児童書です。

ココから注文できます
          中村文平の本

絵本 やくそくどんぐり
60068_435166513249576_529991404_n.jpg
ココから注文できます
          やくそくどんぐり

みかんちゃん

このページはリンク自由です。ただし無断転載はお断りします。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ひとすくいの幸せ

   
先日、陶芸教室をした作品を絵付け作業でした。

moblog_df2cc688.jpg

粘土作業も楽しいけど、絵を描くのも楽しいものです。

スタッフさんが、手の不自由な方などをサポートして、作品はみるみる鮮やかになって行きました。

moblog_db06e7a6.jpg

仲良くなったぶん、楽しい表情を見せてくれるようになりました。

帰ったら、6日からの、ストローアーティストの部屋の作家さんと打ち合わせでした。

moblog_b1209d94.jpg

話ながら、いろいろな龍が誕生していきます。

moblog_3391e272.jpg

やっぱりただ者ではありませんぞーーー。

途中、妹が来てお茶をして行きました。

来てくれるのは嬉しいのですが、ずっと前から、ボタンの掛け違いがあり・・・。

いつまでたっても、どうにも修復は難しそうです。

今日も、18年前のお店の火災の時の、後始末の悪さを言われました。

町家に出店から2年めで、火災は借りていない母屋部分からの不審火でした。

たまたま、妹の嫁ぎ先の、親戚の絣屋さんの巾着袋を数点入れていて、弁償していないことをいまだに夫から言われると、今になって言うのです。

せめて、その当時言ってくれれば、どうにかしたものを。

火災の後は、立ち直るのでやっとでしたが、私の甘えだったと、悔やまれます。

他の方々は、火事見舞いまで頂き、ただただ回りに甘えてしまいました。

今となっては、伝票も残っていません。

だからと言って、さっきこうこう、こうだと話を聞いたからと、謝りに行っても、妙なものです。

これからも、妹と、それなりに付き合って行くのは、至難の技でしょうね・・・。

お店の中で、ぶっちゃけて話して行くので、お客さんの居たたまれない顔を見て、ただ、ため息です。

父も、その時話していない方の悪口を言い、自分の気を引くのです。

今日も、父からの私の悪口を、伝えないでいいものを・・・。

いっそ、父と妹の二人と、縁が切れた方がいいのかもしれません。

今の家族と、このお店の仕事を続けて行くことができれば、それが幸せだろう気がします。

誰もいろんな苦労や経験をして、生きざま、魂に彩りを与えられると思います。

だからこそ、大事なことも、広い海からでもすくいあげられる、そう思いたい。

兄弟だから、親だからではなく、

大切なのは、どんな時もけして裏切らない、信じあえる、そんな絆です。

チーム絵咲木・・・。
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://toukoubou.blog123.fc2.com/tb.php/1149-01dcda32
<< NEW | TOP | OLD>>