猫好き陶芸作家のカフェ絵咲木へいらっしゃいませ・・・



   
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
プロフィール

山口 久美子

Author:山口 久美子
陶工房 カフェ ギャラリー 絵咲木

猫好きな店主の,ほのぼの毎日。

922745_370488216384073_374179695_n.jpg

福岡県八女市本町65
tel 0943ー22ー2634
月曜店休日

securedownloadにゃん1

はちくんとさくくん。二匹ではっさく。

m

アメリカンショートヘアーのみかん、看板猫10歳♀。長女のお嫁入りでお引越し。

写真 1777JPG

かぼす♂ 2014.5月1日から天使猫修行中

moblog_89e39948.jpg

H23.5/26お空の住人に 茶太郎♂永遠の15歳

20080522175817.jpg

狩が得意で気ままなコルト♀10歳(自宅組)

200809200859001[1]

小さな甘えん坊のココア♀17歳で天使猫修行中



中村文平 苺畑の魔法使い  [オンデマンド (ペーパーバック)]

moblog_afd704f6.jpg

「月のルルカと黒猫スプーン」

516ysE1gozL__SL500_AA300__20140717152608617.jpg


高校の文芸部の先輩、中村文平さんの 児童書です。

ココから注文できます
          中村文平の本

絵本 やくそくどんぐり
60068_435166513249576_529991404_n.jpg
ココから注文できます
          やくそくどんぐり

みかんちゃん

このページはリンク自由です。ただし無断転載はお断りします。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



休み明けは・・・

   
 朝はとっても寒くて、昼間は暑い、そんな日でした。

衣替えは、しばらくはぐじゃぐじゃ。

昨日、休みすぎて・・・頭が動いてない一日。

moblog_e9ab67f7.jpg

お洋服の注文がまとまらなくて、何度も同じ作業。

お洋服部門は、やめようかと何度も思うけれど、ま、いいか・・・。

みかんの小さい頃の写真を発見。

きゃーーかわゆすーー。〔おばちゃんも使ってみました。〕

moblog_dd859962.jpg

今は、むむーーん。

moblog_4af0665e.jpg

ひと〔猫〕のこと、言えないけどね。〔笑〕

昨日、珍しく父親が自宅に来ました。

母が15年前に亡くなって、次の奥さんも病死して、再再婚の彼。

正式には、今の方は籍は入れていないらしい。

母が亡くなって再婚するのが、すごいスピード〔49日終わって次の日から家を出て同居〕だったのです。

どこかで自殺していないかと、必死で探す日が続き、見つけた時は、親子喧嘩。

自分のことを正当化するため、「お前ができたから〔生まれたから〕おれの人生は間違ったんだ。」と言った父。

亡くなった母も可愛そうだったけど、絵咲木も、気持ちをどこにもって行っていいのか・・・。

母を亡くしたショック?

そんのもの、家族じゃない。

絵咲木たちは、母のため、医療ミスで病院との戦いが始まったばかりだったのに。

15年の間は他にも、いろいろあったけれど、最近、やっと話だけはできるようになってきた・・・。

店の近くに住んでいて、今の奥さんがいるから、父も淋しくないないだろうと。

でも、どこかで、信じたいけど信じられずにいる自分がいる。

で、昨日、何やら手土産。

そして、アレンジの花束を撮った写真。

理解ができず見ていたら・・・。

土曜日にコーラスの会の発表会があったらしい。

その写真に、子供〔絵咲木姉妹〕から、「お父さん、大病が治り、また歌えるようになって良かったね。」とメッセージが書かかれたカードがあった。

ん・・・?

わざわざ、自分で自分に送ったらしい。

多分、他の人の手前なのでしょうか。

それを写真に撮って持ってきたのです。

もう一つ、パンフレットにお店の広告を、一枠お金を出して入れてあるのも自慢した。

こんな仲のいい親子だと、世間にアピールしたかったのでしょう。

絵咲木が欲しいのは、こんなものではない・・・。

心から、そうしてあげたい、そんな心を持っている父は、もともと居なかったのかな。

どんな時も、自分が最優先で、自分が大事。

以前、「年取って先の方で、世話になる日がやって来るよ。」と、言いました。

ても、「今が大事だと、世話にならない。」と聞かなかった。

当時家族が住んでいた家も処分し、戻る場所も無くしてしまった。

父はこの15年、そうして、思うように生きてきた。

そんな父が今年、肝臓がんで、入院の保証人を書く時に電話してきた。

大病と言うのはそのことです。

籍が入っていない奥さんなので、家族として娘に頼るしかない。

親に縁の薄い人も多いと思います。

今の自分の家族を、心から大事にすることが、絵咲木の生き方だと信じます。

生きて行く、その道のすべてを、けして裏切らず、大切に思って行く・・・。

そうありたい。

娘たちとも、ちゃんと向き合って・・・。


あーーすっきりした。

しょうがないなぁ・・・親父。

スポンサーサイト
| comments(1) | trackbacks(0) | page top |
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます


この記事のトラックバックURL:
http://toukoubou.blog123.fc2.com/tb.php/1061-f5eae7c1
<< NEW | TOP | OLD>>