FC2ブログ

絵咲木陶器と猫とカフェ日記 そして田中吉政の歴史

猫好き陶芸作家のカフェ絵咲木へいらっしゃいませ・・・

Top Page › 思い出 › 猫の10か条
2011-09-03 (Sat)  20:05

猫の10か条

今日、珍しく娘たちが一日お店にいました。

次女はパソコンをしたり、長女は簿記のお勉強をしたり・・・。

絵咲木は、たわいもない冗談を聞いたり聞かなかったり・・・。

笑いながら、仕事をしていました。

長女が、ふっと、これ聞いて・・・と読み始めました。

猫の10か条・・・記事を引用させていただきました。

<1>
私の一生はだいたい15年くらいしかありませんが、
たまに20年以上生きてしっぽが裂けます。
ほんのわずかな時間でも貴方が離れていると腹が立ちます。
私が家族になってやるから、そのことを覚悟しなさい。

<2>
あなたが私に望むことを理解するつもりはありません。
待っても無駄です。

<3>
私を尊敬しなさい。
私にとって、それがいちばん大事なことなのです。

<4>
私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしてはなりません。
でも狭いところは好きなのでダンボール箱を用意するのは許します。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょうが、
でも・・・私に虐待されることに勝る楽しみはないはずです。

<5>
いつも私に話しかけなさい。
あなたの言うことが何かはどうでもいいですが、
私に話しかけるあなたの声はわかるのです。ほめ言葉は特に。

<6>
あなたが私にどんな風に接しているか、私は決して忘れません。
恨みは倍返しします。

<7>
私を叩く前に思い出しなさい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる 歯があるけれど、
気が向いたときにしか噛まないようにしていることを。

<8>
私のことを言う事を聞かないだとか、頑固だとか、
怠け者だとか叱る前に、まずは自分に問い掛けてみなさい。
たっぷり食事を与えてましたか?
それは私の好きなものですか?
太陽の下で気持ちよく寝ているのをじゃましませんでしたか?
もしかすると年をとってどこか弱っているのかもしれませんが、
どのみち私がしたいことに従わないほうが悪いのですから、
あきらめなさい。

<9>
私が年をとっても世話をしなさい。
貴方も同じように年をとりますが、
私は年をとってもかわいいのです。

<10>
最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送りなさい。
「見ているのがつらいから」とか
「私のいないところで逝かせてあげて」
なんて 言うのは許しません。
なでなさい。なで続けなさい。
かわいいね、いいこだねと言いなさい。
言いまくりなさい。
そうすれば私は着換えの時間を少し短くしてやってもよいです。
気が向いたらね。

最後まで聞いたら、茶太郎のことを思い出し、涙が・・・。

moblog_11af8007.jpg

moblog_682eb010.jpg

moblog_421f9877.jpg

moblog_62a12891.jpg

moblog_51ea70a4.jpg

茶太郎、もう少し傍にいたかったよ・・・。

スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

* by chikupuku
猫らしい10ヶ条ですね
私も先代ニャンコを思い出して、ちょっとウルッときました

犬の10ヶ条の猫版ですかねぇ?
そちらの最後の締めくくり(知ってるかもしれないけど書かせて下さいね)

10.・・・そして・・・どうか忘れないでください。私があなたを愛していることを。
・・・と続きます。

* by いたずらっこ
私が知ってる猫の10か条は、ちょっと違ってるけど
言いたい事はこんな感じ・・・・
猫が居るから、私たちも幸せなんですよね

茶太郎くんは幸せですね
こんなに想ってくれる人がいて
思い出の中ではいつも一緒です

* by 絵咲木
chikupuku さん
そうなんですね。
長女が読んでくれたのは、もう少し話口調で、最後に、暗いところにいきたくなったり・・・したりしたときはと続くので、つい涙が出ちゃいました。

いたずらっこさん
その10か条も見てみたいです。
楽しい思い出だけを思い出すように、早くなるといいですけど。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

猫らしい10ヶ条ですね
私も先代ニャンコを思い出して、ちょっとウルッときました

犬の10ヶ条の猫版ですかねぇ?
そちらの最後の締めくくり(知ってるかもしれないけど書かせて下さいね)

10.・・・そして・・・どうか忘れないでください。私があなたを愛していることを。
・・・と続きます。
2011-09-03-22:38 * chikupuku [ 編集 * 投稿 ]

私が知ってる猫の10か条は、ちょっと違ってるけど
言いたい事はこんな感じ・・・・
猫が居るから、私たちも幸せなんですよね

茶太郎くんは幸せですね
こんなに想ってくれる人がいて
思い出の中ではいつも一緒です
2011-09-04-12:32 * いたずらっこ [ 編集 * 投稿 ]

chikupuku さん
そうなんですね。
長女が読んでくれたのは、もう少し話口調で、最後に、暗いところにいきたくなったり・・・したりしたときはと続くので、つい涙が出ちゃいました。

いたずらっこさん
その10か条も見てみたいです。
楽しい思い出だけを思い出すように、早くなるといいですけど。
2011-09-04-20:11 * 絵咲木 [ 編集 * 投稿 ]