FC2ブログ

西方寺縁起 菩提一如 2018

二年前に上演した、「北野西方寺縁起菩提一如」が、今週末再演です。

17553803_1369851913057840_8168778818071541371_n.jpg

前回の様子を西方寺の奥様が、まとめていただいていたので、思い出してみましょう。


41748648_1948074971902195_1651715890850299904_n.jpg


当時は、文平座の一期生でしたね。


41873148_1948074778568881_3255101025819820032_n.jpg


みんな、どうしているかなぁ?

懐かしいです。

今回は、吉政次男則政の正室が出ます。

この着物を着てもらおうかな。

42206686_1887815837969461_6364917507177840640_n.jpg


絵咲木は、いつものごとく、語りと、吉政正室となります。

42440951_1553403981425818_2238230268240461824_n.jpg


久留米北野町、西方寺。29日(土曜)の2時からです。


檀家さんへの上演ご案内ですが、西方寺様のご好意で、一般の方もご覧になれます。

でも、ひょっとしてたくさんおいでになったら、一時間少し、お茶を飲みながらお待ちいただいて、二公演目を見て頂こうかと座長は申しておりました。

さて、どうなりますやら…。


スポンサーサイト

八女福島燈籠人形初日

今年も、この季節がやってきました。

久しぶりに訪れて頂いたお客様もありで、楽しい一日となりました。

42351659_1080628188760397_9189595769793937408_n.jpg

福岡市からの直行バスのご利用のかたも、いらっしゃいました。

楽しい八女の思い出のお手伝いが、できればいいなぁと思います。

来週、台風の天気予報が出ています。

西方寺のお芝居公演に、ひびきませんように…。


さぁ、明日、明後日、頑張ろう!




岡崎城の石垣

九月に入ったころから、急に秋っぽくなりました。

あの、40度手前の暑さから、すっかり落ち着いて、今朝などは22度くらいでした。


岡崎市の仲良くして頂いているっていうか、お世話になっている商工会議所の課長さんから、写メが届きました。

岡崎城の石垣の発掘がなされていたのですが、、おおよそ分かっていましたが、今まではっきりとした証拠になる物がなかったのですが、吉政の時代だと分かったようです。

41320124_1884770624939756_6286419201657667584_n.jpg


吉政公の研究が遅れていて、軍着物や、徳川家が書かせたものしかなく、しかもかなり違っていたりして、惑わされっぱなしなのですが、これから一つずつ、実証していきたいと思っています。


先日、吉政の後を継いだ忠政の正室が、徳川(久松)家から来ていることに、少しは気になっていたのですが…。

その女性、これを見ると、(小さくてすいません)、家康の母於大さんが、再婚して嫁いだ先で生まれた家康の弟の娘です。


40143991_1871285192954966_8565429613142999040_n.jpg

右の下の方に田中忠政とあります。

と、言うことは、自分と一緒の於大さんの血を引いた娘を田中家に入れている。

そして、そこに世継ぎが出来なかった。

(12歳の時、疱瘡でで亡くなっています)

そして、忠政が亡くなり、筑後国での田中家は改易、しかし、翌年三男の吉興の娘に養子をもらい再興しました。

その養子息子は、お母さんが徳川家から嫁に来た女性でした。

田中家に、どうしても、徳川の血を入れたかったのでしょうか?

それとも、徳川家の血を入れた、一つの家として使いたかった?

三河岡崎城は、家康の生誕の地。

秀吉の時代、田中吉政は、秀吉からそこを任されます。

難しい国を任せるのは、吉政しかいなかったかもしれません。

41438859_1537972872968929_1171874070002663424_n.jpg


いろんな大名の悩み事を解決したり、

戦のあとの、いろんなところの城の、誰かが城に入封されるまでの城の造作などを任せられ、

秀次の城になったころの清州城や、あの明智光秀が撃たれた後の城の後始末や入るための造作管理。

丹波福地山城とか、殆ど全部、とにかく吉政にいってくれと秀吉に任せられ…。

どんなに忙しかったか…。

他に、居ないの?って思うくらい、秀吉の信頼が厚かった。

でも、今は、義の武将がもてはやされ、

でも、


田中兵部大輔橘朝臣吉政、そこにいながら、関ケ原の戦の前の緊張した時代に、例えば、水野氏を切った西軍の加賀野井氏のお墓を建立してあげたり、


これって、上役(家康)を怖がらず、人の道に沿ったことをして、これこそ義だと思うのですが。


朝鮮出兵の時は、みんなを戻す船を全力で作るために走り回ったり、


矢作川の開削や築堤に力を発揮。

罪人を罰せず、家を与え、西野の荒れ地に松を植えさせ、更生させ、塩造りの燃料にしたり、

彼ほど、人間らしく、戦国時代を駆け抜けた武将は居ない…と、思うわけです。

ふふふ。