FC2ブログ

絵咲木陶器と猫とカフェ日記        そして田中吉政の歴史

猫好き陶芸作家のカフェ絵咲木へいらっしゃいませ・・・

Archive [2018年07月 ] 記事一覧

根来焼討太田責細記

天正十三年(1585)三月、根来攻めの時の、太田城水攻めのお話。城中から朱柄の槍を持って一人の武者が船で漕ぎ出し、秀吉方の佐藤勢に単独で突きかかり、縦横無尽に暴れ回った者が居た。この人物、朝比奈摩仙名(ませんな)という尼法師、つまり女性だったのである。残念ながら彼女は田中久兵衛に生け捕られて秀吉の前に連れて行かれるのだが、秀吉は感心して彼女を許し、城に帰らせた。根来焼討太田責細記より総光寺 由来并太田城水...

吉政公の岡崎での船造り

岡崎城の時の話です。朝鮮出兵の時、大浜で船を造っていた吉政公です。今の碧南市大浜の称名寺。以前、視察にも行きました。繰り返し、調べ中です。大浜の称名寺は、吉政公が、秀吉の指示で、朝鮮出兵の撤退の大船を造っていたと伝承があるのです。吉政は唐入り船製造のためにも、称名寺本堂の根太を切り落とし、鍛冶屋にしたという。根太というのは、床を支える横木であり、それを切り落とし土間を作り、造船に必要な金具類を調製...

愛知県西尾、吉良吉田

メモの為、ネットからお借りした古文書資料の抜粋。少しおかしいですが、その時の様子だけ読み解くと、見えて来るものがあります。どこがおかしいか、探すのも面白い。田中筑後の弟・久兵衛は吃音で、2万石を取っていた。(…、ってことは、吉政が亡くなった後、忠政が筑後守になった時の吉興の話?でも、兄が筑後って、忠政は末の弟のはず)娘が一人いたので、婿養子をとった。これが田中主殿だった。久兵衛は後に半慶と名乗った。(...

豊後国杵築城

田中さんが、急に思い立ち大分県の杵築城に行って来ました。何故、杵築城かと言うと、宮部継潤の次男が、関が原の戦の時、佐和山攻めでの功績で、石田三成の兄の兜を頂き、その後現代になって、子孫の宮部さんが寄贈されたという話です。城の中の史料館に、兜はありました。ここの土地に宮部家は、残ったのですね。その後、湯布院の、田中さんのお店、「九州蜂の子本舗湯布院店」に寄って、一休み。娘たちに、お土産に、醤油プリン...

でんぺえ君

でんぺいくん。byひとみにゃん三成君とツーショット、見たいなぁ。こんなとこにも、使ってほしいなぁ…、田中吉政の故郷長浜市三川虎姫。夢見てる、絵咲木です。...

Menu

プロフィール

山口 久美子

Author:山口 久美子
陶工房 カフェ ギャラリー 絵咲木

猫好きな店主の,ほのぼの毎日。

922745_370488216384073_374179695_n.jpg

福岡県八女市本町65
tel 0943ー22ー2634
月曜店休日

securedownloadにゃん1

はちくんとさくくん。二匹ではっさく。

m

アメリカンショートヘアーのみかん、看板猫10歳♀。長女のお嫁入りでお引越し。

写真 1777JPG

かぼす♂ 2014.5月1日から天使猫修行中

moblog_89e39948.jpg

H23.5/26お空の住人に 茶太郎♂永遠の15歳

20080522175817.jpg

狩が得意で気ままなコルト♀10歳(自宅組)

200809200859001[1]

小さな甘えん坊のココア♀17歳で天使猫修行中



中村文平 苺畑の魔法使い  [オンデマンド (ペーパーバック)]

moblog_afd704f6.jpg

「月のルルカと黒猫スプーン」

516ysE1gozL__SL500_AA300__20140717152608617.jpg


高校の文芸部の先輩、中村文平さんの 児童書です。

ココから注文できます
          中村文平の本

絵本 やくそくどんぐり
60068_435166513249576_529991404_n.jpg
ココから注文できます
          やくそくどんぐり

みかんちゃん

このページはリンク自由です。ただし無断転載はお断りします。

最近の記事

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム