FC2ブログ

田中吉政公御命日法要

田中吉政公は、二月十八日が御命日です。

田中吉政顕彰会の総会と法要を日曜の十七日に、柳川真勝寺にて行われました。

その催事、奉納で、文平座がお芝居をしました。

52633895_376493716470776_159745037922467840_n.jpg

今年で五回目になります。

51879593_1736469209785960_7605642969542033408_n.jpg


お馴染みのメンバーと、新しく加わってくれた役者さんたちで楽しくやれました。

私、語りで出て来て読んでますが、携帯にぎったまま…。


52723192_2016321528464145_1725804746721198080_n.jpg


今回からの米里君、メークのお手伝い。

心強いです。

末永く、お付き合い宜しくです。

52117862_2175384015837955_181319118211776512_n.jpg


終わった後の打ち上げも、話が止まらない。


52323672_1736763639756517_9221808093233414144_n.jpg


今年の五回目の始まり…、そう、この演目で五月もやることになります。

今回は、吉政公の三男吉興と、京都の豪商角倉了以のお話です。

運河で繋がる、男の夢です。

さて、来週は、文平さんが、長浜ものがたり大賞に奨励賞受賞を頂いたので、滋賀県の長浜市に行って来ます。

さっそく、地元の歴史で繋がった方々とお会いすることになりました。

楽しみです。

スポンサーサイト

慶長本土居みやま市最終地点

慶長本土居の続きです。


今日は、みやま市の最終地点。

大川の酒見から出発した慶長本土居のみやま地区は、江浦小学校の右を通り、江浦駅の踏み切りを渡り、綿津見神社、高田漁協、楠田川の橋を渡り左岸に沿って進み、四十丁、五十丁の集落をクリーク沿いの道を進み、開小学校の左をまっすぐ進むと隈川の左岸につながります。


この川を途中で渡って川沿いに東に進むと、この場所、大牟田倉吉とみやま市渡瀬の境界地点、国道208号の干渡橋の袂が、終着点です。


慶長本土居最終地点


「田中吉政・忠政とその時代」の著者半田隆夫先生は、「慶長本土居の築堤政策は、有明海沿岸の干潟の新田開発によって領土を拡大し、年貢収入を増加させ、藩財政を豊かにすることが考えられます。


しかし、関ケ原の戦い後に、筑後を舞台に展開された八院の戦いなど、いつ、再び領土争いが起こってもおかしくない世相でしたので、有明海からの海上攻撃の防衛上、本土居を築堤したものと思われます」と、述べています。




柳川の城下町をウオーキング

今日は、朝9時半から、まちづくりネットワーク柳川主催の「健康.文化ウォーキング」に参加してきました。


ウオーキング


まだ、雪が残る道をお昼まで、あちこち説明を聞きながら歩く。


お馴染みの、田中吉政公の菩提寺真勝寺さま。

知ってますが、ちゃんと説明を聞きましたよ。


ウオーキング6


皆さん、人生の先輩方が多く、足腰強くて感心しました。


ウオーキング五

気づけば、いつの間にか最後尾です。

ここは、鋤﨑土居といいます。

上の写真は、土居が坂になっている様子が判ります。

下の写真で、左側が土居です。


ウオーキング四




土居の名残で、左側が盛れていますね。


堀が数メートル狭くなって、道になっています。


堀は、もっともっと広かった…。


ウオーキング⒊


観光客が、こたつ船で船下り。


ウオーキング2


いつも歩かない場所、発見が楽しい時間でした。


柳川順光寺

滋賀県の宮川家子孫の方から、柳川順光寺について尋ねていたことのご返事が来ました。

まず、いろいろな史料、史料に書かれている「宮川丹後守少将惟康が僧になり祐念と称す」は、誤伝だそうです。

正しくは「近江順光寺の住職誓念は、姉婿であり、かつ妻の兄である宮川丹後守政直の縁で筑後国柳川に下り、柳川城内坂本村に順光寺を建てる」だそうです。

そして、「久留米の順光寺も田中家改易に福永祐念が久留米に久留米順光寺を開基した」そうです。

やっと、霧が晴れたような気持ちです。

柳川城、今日は真勝寺土居を歩く

天気が良いので、柳川に。

はい、またです。

今日も、日吉神社からの、まず殿にご挨拶して、

広いわ、柳川城下。

柳川城下田中吉政銅像

本丸跡の出前を左に曲がり、寺跡を妄想しつつ歩き、日吉神社の参道に戻り、ストリートビューで見ていたら風景を自分の目で確かめ、和菓子のとらやさんに入り、ご主人と奥さまと世間話。

日吉神社参道3

日吉神社参道2


日吉神社参道

そこから、市役所側に曲がり、真勝寺方向へ。

真勝寺に入らずに、そのまま直進。

柳川城堀

小さい可愛いカフェでお茶して、

城の外堀の外の土居を眺めて来ました。


右側が、真勝寺の裏になります。


柳川城堀2


突き当り、奥の方が土居です。

柳川城堀3

ここが、城の南東の端です。

この土居は、柳川城の東大手瀬高御門より真勝寺の南に続く藤吉、今古賀の土居として江戸時代には、柳川城惣曲輪の「外曲輪の土居」といわれた貴重な遺跡です。


「「柳川城沿革」によると、瀬高御門北の際から北の角まで424間(763m)、鋤崎東の角北側から井手橋門の際まで353間(635m)、外曲輪土居の総合計7163間(12893m)、すなわち、3里11町23間とす」


柳川城堀4

豊臣秀吉が、京都に御土居を作った…、一緒に見た経験がある吉政公です。

その土居、そんな感じでしょうか。