FC2ブログ

絵咲木陶器と猫とカフェ日記 そして田中吉政の歴史

猫好き陶芸作家のカフェ絵咲木へいらっしゃいませ・・・

Top Page » Next
2020-09-17 (Thu)

演劇「氷輪の如く」2020年10月4日

演劇「氷輪の如く」2020年10月4日

三月から六月に、順延で、やっと、10月4日に決定致しました。チケットをお持ちの方は、コロナ対策として、予め裏にお名前と、住所、連絡先のお電話番号を記入の上、会場受付にてお出し下さい。会場での、チケット購入の方は、お渡しの後、筆記用具をご用意致しておりますので、記入の上お出し下さい。時間が若干違いますが、お確かめの上ご来場下さい。検温、消毒を準備して、ソーシャルディスタンスの座席割りで、水の郷ホールで...

… 続きを読む

三月から六月に、順延で、やっと、10月4日に決定致しました。

チケットをお持ちの方は、コロナ対策として、予め裏にお名前と、住所、連絡先のお電話番号を記入の上、会場受付にてお出し下さい。

会場での、チケット購入の方は、お渡しの後、筆記用具をご用意致しておりますので、記入の上お出し下さい。

2020年10月4日

時間が若干違いますが、お確かめの上ご来場下さい。

検温、消毒を準備して、ソーシャルディスタンスの座席割りで、水の郷ホールで、お待ちしております。

スポンサーサイト



2020-09-02 (Wed)

台風、迫っています

台風、迫っています

9月になりましたね。相変わらず暑いですが、台風が二つも向かってきています。9月も、めっちゃ忙しいです。「田中吉政時代展」 初代筑後国終焉四百年事業9月5日(土)~9月13日(日)、八女伝統工芸館ギャラリーにて。館内で、エスコート役でお待ちしています。それから、映画「田兵Denpei」の完成試写会と祝賀会9月20日(日)1時からグリーンピア八女、明治の館にて、が控えています。会場には、予約で、協賛会費として、5000円必要で...

… 続きを読む

9月になりましたね。

相変わらず暑いですが、台風が二つも向かってきています。

9月も、めっちゃ忙しいです。

「田中吉政時代展」 初代筑後国終焉四百年事業

9月5日(土)~9月13日(日)、八女伝統工芸館ギャラリーにて。

館内で、エスコート役でお待ちしています。

それから、

映画「田兵Denpei」の完成試写会と祝賀会

9月20日(日)1時から

グリーンピア八女、明治の館にて、

が控えています。

117528273_590643544959919_2308608368056724292_o_20200902142024560.jpg

会場には、予約で、協賛会費として、5000円必要です。(DVD付)

どちらも、お問い合わせ、予約は、絵咲木0943-22-2634まで。

118598646_2817803528319184_6047986998560369869_n.jpg

どちらかで、放映のご希望にもご相談承ります。

まずは、作ることを優先させた私たち。

今からが、忙しくなりそうです。


118765825_2817803544985849_8265005548664129652_n.jpg


昨日、お友達が、久留米絣で、手提げ袋を縫って持ってきてくれました。

いつも、理解者でいてくれる友達に、感謝です。


2020-08-25 (Tue)

「田兵Denpei」試写会準備

「田兵Denpei」試写会準備

月曜日の定休日、グリーンピア八女に行きました。明治の館です。会場のこと、しっかり悩んで、考えて、結果、ここでゴーです。音響も、映画館のように良いです。広くて、ソーシャルディスタンス、いけます。行くまでは、大きなスクリーンをどうするかとか、たくさん考えましたが、案ずるより産むが安し!...

… 続きを読む

月曜日の定休日、グリーンピア八女に行きました。

明治の館です。

試写会前

会場のこと、しっかり悩んで、考えて、結果、ここでゴーです。

試写会前2

音響も、映画館のように良いです。

試写会前3

広くて、ソーシャルディスタンス、いけます。

行くまでは、大きなスクリーンをどうするかとか、たくさん考えましたが、案ずるより産むが安し!


2020-08-25 (Tue)

みかんお婆ちゃんの隠居生活

みかんお婆ちゃんの隠居生活

看板猫隠居中の、みかんお婆ちゃん。爪研ぎをベットにとお気に入りです。実は、この爪研ぎは、織田信長の肘掛に改造して使えないかと、曲線具合を見て買って来たもの。笑って下さい。お買い物中とか、どこにいっても、「これは、何かに改造したりしてお芝居に使えないか?」と考えてしまう…誰かさんの職業病がうつってしまったせいです。だって、私の職業は、陶芸家とカフェ営業😁ちなみに、この爪研ぎは肘掛けを本物みたいに作って...

… 続きを読む

看板猫隠居中の、みかんお婆ちゃん。

爪研ぎをベットにとお気に入りです。

実は、この爪研ぎは、織田信長の肘掛に改造して使えないかと、曲線具合を見て買って来たもの。


みかん

笑って下さい。

お買い物中とか、どこにいっても、「これは、何かに改造したりしてお芝居に使えないか?」と考えてしまう…誰かさんの職業病がうつってしまったせいです。

だって、私の職業は、陶芸家とカフェ営業😁

ちなみに、この爪研ぎは肘掛けを本物みたいに作ってしまったから、それで、みかんちゃんのベットになりました。

めでたし、めでたし。



2020-08-21 (Fri)

舞台 「氷輪の如く」

舞台 「氷輪の如く」

昨日は、豊臣秀次公の1595年8月20日、西暦でのご命日でした。写真の青年は、今度豊臣秀次役の宇井晴雄君です。田中吉政とは関係が深いからこそ、その歴史の世間での理解は、中々難しいものがあります。一番、書かれていて多い事は、1.何故、秀次公が切腹した時、宿老であった吉政は連座しなかったか?2.その後、領地を加増されたことを秀次事件に加担していたからではないか?3.石田三成に助けられて、命拾いしたかもしれない?な...

… 続きを読む

昨日は、豊臣秀次公の1595年8月20日、西暦でのご命日でした。

秀次


写真の青年は、今度豊臣秀次役の宇井晴雄君です。


宇井春雄


田中吉政とは関係が深いからこそ、その歴史の世間での理解は、中々難しいものがあります。

一番、書かれていて多い事は、
1.何故、秀次公が切腹した時、宿老であった吉政は連座しなかったか?
2.その後、領地を加増されたことを秀次事件に加担していたからではないか?
3.石田三成に助けられて、命拾いしたかもしれない?
などなど、韓国ドラマ並みに、筋書きを陰謀筋書きにやりたい小説家さんも、歴史ライターさんもおられます。
それは、
1は、吉政は、近江八幡城の采配時に筆頭宿老でしたが、この位置は、豊臣秀吉から付けられた付け家老で、吉政の直の親方様は秀吉でした。
2.秀次公が亡くなった後の、領地の支配をしてもらわないと困る存在だったと思います。(岡崎城は、関東入封で江戸へ行った徳川家康の生誕地なので、一族がいるここを任せられる人は他に居なかった)
それまでの、吉政は、秀吉が平定した土地に、いち早く赴き整え、新たな城主を就かせ、また、次の城に移動するという仕事ぶりでした。今で言うところの、支店の采配を整えて支店長に渡す統括マネージャーだったでしょうか。秀次公が近江八幡城主だった頃も、城主の秀次公は、2度ほどしか近江八幡城に入りませんでした。ほぼ聚楽台か、戦場でした。代わりに吉政が領地を任されていたわけです。秀次公が、領地に清須城が加わった時も、吉政は整えに出向いています。
1590年に、岡崎城主になるまで、秀吉にあれやこれや、頼まれ忙しく動いています。
3.石田三成との関係は、陰謀を巡らす仲では無かったと思います。三成も、彼の書状の字を見たことがありますが、とても伸びやかで、どちらかと言うと天然系で、温かな字でした。秀吉愛が溢れていた気がします。
そして、吉政の方が12歳程上です。良く、三成が秀吉に紹介して仕官が整ったとか、書いている本がありますが、吉政が秀吉についた時は、三成はまだ子供でした。

長くなりますから、これくらいにしておきますね。

今度の10月4日のお芝居は、秀次公が出て宇井ちゃんの演技に泣き、

その後の関ヶ原の戦です。

三成とのやり取りに涙なしでは観れないでしょう…。