猫好き陶芸作家のカフェ絵咲木へいらっしゃいませ・・・



   
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
<< 2017 >>
プロフィール

山口 久美子

Author:山口 久美子
陶工房 カフェ ギャラリー 絵咲木

猫好きな店主の,ほのぼの毎日。

922745_370488216384073_374179695_n.jpg

福岡県八女市本町65
tel 0943ー22ー2634
月曜店休日

securedownloadにゃん1

はちくんとさくくん。二匹ではっさく。

m

アメリカンショートヘアーのみかん、看板猫10歳♀。長女のお嫁入りでお引越し。

写真 1777JPG

かぼす♂ 2014.5月1日から天使猫修行中

moblog_89e39948.jpg

H23.5/26お空の住人に 茶太郎♂永遠の15歳

20080522175817.jpg

狩が得意で気ままなコルト♀10歳(自宅組)

200809200859001[1]

小さな甘えん坊のココア♀17歳で天使猫修行中



中村文平 苺畑の魔法使い  [オンデマンド (ペーパーバック)]

moblog_afd704f6.jpg

「月のルルカと黒猫スプーン」

516ysE1gozL__SL500_AA300__20140717152608617.jpg


高校の文芸部の先輩、中村文平さんの 児童書です。

ココから注文できます
          中村文平の本

絵本 やくそくどんぐり
60068_435166513249576_529991404_n.jpg
ココから注文できます
          やくそくどんぐり

みかんちゃん

このページはリンク自由です。ただし無断転載はお断りします。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



田中兵部殿

   
先日、柳川古文書館に行ってきた。

あの田中吉政肖像の賛にあった慶長4年4月の日付と、兵部卿のお話です。

00000001.jpg


21687706_1476196709130485_4746439352583219657_n_201711120015252db.jpg


館長が、お相手して頂きました。

でも、まず、賛にある日付は、歌のようなものと仰ったので、え?となった。

それで、お湯殿上日記にその記述があると言ったら、そのたなかは、どの田中か、確証がありませんね、と。

え?


吉政の他に宮廷に詮議される田中がいるの?

石清水八幡宮の田中氏がいる。

でも、吉政ではないとも言えない。

御湯殿上日記は、メモのように書き綴られていて、一つの事を詳しく長くは書いていない。

それで、一行目にお寺の名前があっても、最後の行にたなかも来たよみたいでもおかしくない。

御湯殿 兵部卿 ニ


で、めげずに、兵部卿のくずし文の検証を言ってみたら、いやいやいやと、お聞きにならないと来る。

例えば、大輔の大の字を兵部の部の横近くにくっつけたりしてある…と。

だから、大の字は見えないと…。

縦書きの中に横書きがあるって…?

まぁ、役所関係は前例がなかったり、素人が言うこ言葉にはほぼ耳はかさないわなぁ。

でも、最後には、ご自分で棚から色々本を出して来て机一杯に広げて収拾がつかないご様子。

「ま、ゆっくりした時に調べて下さいね」と、帰ってきた。

23031555_1211710598928493_1610003315418074312_n.jpg

23167526_1211710542261832_1407191541222312696_n.jpg


宮廷の御湯殿上日記に田中の文字が他にも出てくるんですか?と言われたので、ここに↑アップしておきますね。

これは、天正16年3月17日に兵部大輔を賜ったときの、御湯殿上日記のページです。前日に来たとありますよ。

叙任の準備に来たのかしら?

信じるも信じないもあなた次第です。

スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

田中吉政肖像画から読み取れるもの

   
絵咲木のカフェ日記が、田中吉政公日記になってしまっていますが、お付き合いくださいね。

この肖像画に書かれている賛の日付を考えた時、それを探るのは、やはりあの宮廷の女官たちの日記「御湯殿上日記」です。

IMG_5895_2017102019393531a.jpg

肖像画には、慶長巳亥とあります。(これは、東京大学史料編纂所の読み下し文には巳寅となっていますが、慶長には巳寅はありません)

兵部卿三

それで、その年の四月に賜ったお祝いの絵なので、四月か三月に手がかりになることが書いて無いか、読んでみました。

慶長巳亥とは、慶長四年。1959年、関ヶ原の一年前。

御湯殿 兵部卿Ⅰ

そうしたら、三月八日の項に、あった。

ありました!

御湯殿 兵部卿 ニ

「たなかも申込候につきて。したにてよくせんき申され候へのよしおほせいたさるる」

そうでしょ?

官位の兵部卿を申し込んでおられ、詮議されているとおっしゃっている…ですよね。

やはり、兵部卿になっていたんですね。

御湯殿上の日記は、それを物語っています。

それで、吉政公の最終官位は兵部卿です。

最新情報です。


| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

九州歴史史料館の企画展へ

   
九州歴史史料館の企画展に行って来ました。

「福岡県の城 戦国乱世の城から幕藩体制の城へ」

22384213_1195581080541445_5860286968005843034_o.jpg

以前、私の住む筑後国福島のことを聞きに来て、お世話になった学芸員の方の企画展です。

写真は禁止なので、吉政の時代展の時の鯱君の写真ですが、久しぶりに会ってきましたよ。

五月ぶりです。


18447671_780922908730928_649624341135285520_n.jpg

~12月3日までの期間ですので、行ってみて下さい。

福島城の古地図も展示されていました。

思ったより大きかったです。

絵咲木は、最近、2時からの営業にしていました。

なかなかランチのお客さんに対応が思うようにできなくて(なかったり、大勢だったり)、気持ちがついて行かなくて…。


22448244_1197097687056451_2011905041838414053_n.jpg

でも、看板を書き直したり、のれんを出していなく、準備中の札をしていても、だれも関係なく入って来られて…。

鍵かけているわけも行かず、

ま、負けちゃいました。


22405938_1197097723723114_2323947040783799630_n.jpg

対応したら、結局一緒だね。


22406259_1197097643723122_5156573425926869790_n.jpg

それで、仕方なく、2時の処に1を書き足して、12時からにして頑張ります。

22310388_1197097613723125_2480735468040337216_n.jpg

結局、頑張るしかないね。

以前は、11時からにしていたから、少しだけ、緩くってことで。

宜しくお願いします。



| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

滋賀県への旅、岐阜城へ

   
さぁ、また琵琶湖周りの旅、行って来ました。

今回は、東側です。

守山市に行って、田中山を望み、田中のルーツを探りました。

野洲市歴史菊物館の図書室で市史などをチェックしました。

田中大明神にお参りして。

22090177_1189399587826261_916806901317441698_n.jpg

そして、古い街道を通って宿場町を見てきました。


21106861_1189999037766316_689967906295390923_n.jpg

大垣城へ辿り着く、食事の後、

織田信長ゆかりの岐阜城へ。

ロープウェイで金華山の中腹まで行き、坂道、階段を上り、

22154552_1190128154420071_2184094357715376574_n.jpg

展望できる、天守閣へ。

21557785_1190128051086748_890712512749744937_n.jpg

ホテルも近くだったので、夜、ライトアップされた城を何度も眺めて眠りました。

最後に、清州城を訪れて。

22196404_1190790124353874_8420359839887133781_n.jpg

清州城は、一時期ですが、豊臣秀次の領地になった時、吉政が代官として治めています。

秀次は、近江八幡と一緒で、聚楽第などに居て、領地は吉政に任せていたので、入る前の改修を秀吉の命で頼まれた書状が残っています。

清州城は、吉政も、ゆかりのある城なのです。

| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

田中吉政時代展の成果

   
八女市役所企画振興部地域振興課町並み景観係の主事さんから、

「民俗資料館に白壁の町並みの年表を作るので、吉政公の肖像画をお願いできませんか?」

と、連絡があった。

21993086_1185081891591364_2836759663761362073_o.jpg

今まで、市は、郷土史研究家に尋ねたりしていたと聞いていたので、ちょっと嬉しいです。


12592634_780868202012737_521719906545084741_n_20170928161927771.jpg

10月2日に、絵咲木、つまり史談会事務局に福岡のデザイン会社から相談にみえるそうです。

18342565_545535605834877_1890583724204421438_n_201709281621429d1.jpg

時代展、三年やって来た実績が、市役所も認めた形かしら…。

そして、個人の展示物から、公の場に、初めて吉政公の肖像画がお出ましになる。

まぁ、話では、年表の一カ所に載せるって言っていたから、小さいかもです。

でも、記念すべき一歩かもしれません。

IMG_5895.jpg

それから、次の滋賀県視察が決まりました。

10月4日から6日までの二泊三日です。

また、たくさんの出会い、待ち遠しいです。



| comments(0) | trackbacks(0) | page top |
次のページ