猫好き陶芸作家のカフェ絵咲木へいらっしゃいませ・・・



   
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<< 2016 >>
プロフィール

山口 久美子

Author:山口 久美子
陶工房 カフェ ギャラリー 絵咲木

猫好きな店主の,ほのぼの毎日。

922745_370488216384073_374179695_n.jpg

福岡県八女市本町65
tel 0943ー22ー2634
月曜店休日

securedownloadにゃん1

はちくんとさくくん。二匹ではっさく。

m

アメリカンショートヘアーのみかん、看板猫8歳♀。長女のお嫁入りでお引越し。

写真 1777JPG

かぼす♂ 2014.5月1日から天使猫修行中

moblog_89e39948.jpg

H23.5/26お空の住人に 茶太郎♂永遠の15歳

20080522175817.jpg

狩が得意で気ままなコルト♀8歳(自宅組)

200809200859001[1]

小さな甘えん坊のココア♀17歳(自宅組)


中村文平 苺畑の魔法使い  [オンデマンド (ペーパーバック)]

moblog_afd704f6.jpg

「月のルルカと黒猫スプーン」

516ysE1gozL__SL500_AA300__20140717152608617.jpg


高校の文芸部の先輩、中村文平さんの 児童書です。

ココから注文できます
          中村文平の本

絵本 やくそくどんぐり
60068_435166513249576_529991404_n.jpg
ココから注文できます
          やくそくどんぐり

みかんちゃん

このページはリンク自由です。ただし無断転載はお断りします。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



木曜の会のこと

   
木曜日は、木曜の会でした。

第一と第三木曜日の20時から22時までのゆるーい陶芸教室。

久しぶりの来店の子もいてにぎやかでした。

1ドリンクで1000円で粘土製作で、次回来れるときに絵付け。

そのときは、ドリンク代のみです。

ハチ君も、「わー、もふもふ」って言われて楽しそうでした。

15094239_925231270909762_1069693849148926625_n.jpg

今日は、常連のお客さんと、たて〔殺陣〕の体験。

文平さんから、チャンバラエクササイズの伝授。

375735_667979176578454_1159938210_n_20161119194108740.jpg

普通に、型を教えてもらっているだけなんですけど、これがぽかぽかしてきて、やせるんじゃないかと。

ちょうどやってきた、のぶちゃんを巻き込んで、竹光を振り回す。〔笑〕

実は、文平さんに頼んでマイ竹光を作ってもらいました。

15170739_926540684112154_4243129237537339234_n.jpg

ずーと楽しかったミニバレーもやめてしまい、他の運動不足解消を考えていました。

これは、型の素振りなら、私にでもできそう。

小さいとき、男の子はチャンバラ、女の子はお姫様ごっこをした覚えがありませんか?

そして、見ていたテレビの「琴姫七変化」。

いいかもーー。

お店には、文平殺陣師もいて、ありがたや。

明日の午前中は、近くの小学校の陶芸教室。

絵付けの日です。

56人、行って来ます。

午後からオープンです。

スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

秋草、かわいい。

   
今年も、秋らしいお庭の風情になりました。

15036643_916465081786381_6593312817265173685_n.jpg

なんだか、秋は寂しい気持ちになりますね。

フェイスブックで、去年、二年前とか、思い出として上がってくるのに、カボスが幼い姿でかわいいなぁ、って少しうるうる。

まだ、まだです。

ハチとサクが居るから、寂しくないはず。

14492441_886577458108477_7317998240602531027_n.jpg

自宅には、みかんとラムとコルト、ココおばあちゃんが居るし、寂しくない。

14980715_918663858233170_5714899160225421886_n.jpg

秋だからかな。

調べ物は、今は、甲斐国。

15073505_1155267167890109_450663701317403289_n.jpg

橘氏の田中を名乗るまでの足取りです。

この丸で囲んだところのお寺、福光園寺の仏像の中に書いてあった名前に当時の領主などとともに「橘重信」とあったそうです。

筑後国主田中吉政のご先祖に同じ名前が見えます。

年代は、1231年です。

すぐ上には、「一ノ宮」、「田中」「国分寺」がありました。

他の国府跡にも、同じような地名が残るのは、なぜでしょう。

引き続き調べます。


| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

旅最終日

   
嵐山、嵯峨野へ。

河川開削で名のある、角倉了以の屋敷跡へ。

14708183_902966276469595_4857992374063876169_n.jpg

14731119_902966296469593_3533724695177853279_n.jpg

近くの、観光地。

見たことがあるでしょう?

14633068_905966656169557_2052830123776139147_n.jpg

大河内山荘。

ここの、山いっぱいのお庭を登っていくと、向かいの山に了以のゆかりのお寺が見えました。

14642091_902966253136264_4932748087813022779_n.jpg

あそこまでは、行けないと断念したら、反対側から見えました。

そうそう、修学旅行の子供達の間をぬって、ついでにっていうか、金閣寺にも行きました。

14938107_905966669502889_5516520731649804604_n.jpg

そして、京都の町なかに戻り、今度は、了以の別邸跡へ。

がんこさんというお料理屋さんになっていて、そこで食事をしました。

14900539_902965213136368_6879824477486571103_n.jpg

お庭は、当時のものだそうです。

14563435_902965193136370_3929901984644802013_n.jpg


すぐ近くには、三条川原。

14581463_902070673225822_2733186592640029426_n.jpg

瑞泉寺があります。

豊臣秀次の菩提寺です。

14581451_902076873225202_3106410602643980759_n.jpg

昨日、一度お参りしましたが、ご住職にお会いして、この日から特別公開がされているとのことで再度訪れました。

14590340_902076823225207_7749398387016401620_n.jpg

どの展示物を見ても、悲しい気持ちです。

皆さんは、今、真田丸を見て、ご存知な方も多いと思います。

豊臣秀次公の事件。

三条川原でたくさんの秀次公のご家族が処刑されました。

ひとつの穴に埋められ、その上に秀次公の首を置きました。

塚が荒廃していたところを角倉了以が菩提寺としてお寺を建立したのです。

それもあって、了以の住んだ場所を見てみたかったのです。

ここで、今回の旅は終わりです。

| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

吉政公の旅3日め

   
関宿を見て、その町並みの長さに圧倒されました。

14729376_901047799994776_5286550936782948716_n_2016110214092968a.jpg

近江八幡市田中江の善性寺へ。

ここの田中氏の九重の石塔があると史料に書いてあったので、お寺の奥様にお尋ね。

ずいぶん昔、盗難にあって無いとのご返事。

なにやら、泥棒が荷車に乗せて運び出し、一キロくらい運んだところで捨てたらしく、そこに放置されているとのこと。

その足で、見に行きましたが、確信はありませんが、それらしいものはそこに。

道の拡張で、土砂の中でした。〔泣〕

近江八幡町の「尾賀商店」で友人と会って。

14732276_905966709502885_2442060436221690965_n.jpg

能登川に泊まって、翌朝は京都です。

歴史に詳しい運転手さんにめぐり合い、あちこち連れて行ってもらいました。

豊国神社。

14915281_905966689502887_3484597423125829378_n.jpg

京都市左京区田中西町の田中神社。

御所の近くの、橘の辻。

吉政公の娘が嫁いだと思われる通りです。

高瀬川のほとりを少し歩いて宿に着きました。

| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

竜王町の田中

   
二日目の滋賀県です。

長浜八幡神社に行きました。

なかなかのスケール。

宮前という土地名です。

石清水八幡宮からの勧請だそうです。

14717203_900470640052492_1689926768937023491_n.jpg

そして、竜王町田中の田中神社です。

14732185_900970450002511_5620641736260129340_n.jpg

田中村の鎮守の神様のようです。

14721636_900970460002510_7751867287338441142_n.jpg

三巴です。

近くにとても大きな稲村神社があります。

時代も、ぐっと古くて、古墳も近くにたくさんあるらしいです。

securedownload3_20161030184441935.jpg

車で2分くらいの距離。

securedownload_20161030184344d0d.jpg

どういう関係になるでしょうか。

1securedownload.jpg

まだはっきりとはわかりません。

とにかく、ネットで田中という地名にある田中神社を調べ、行ってみました。

やはり、橘姓の田中氏は、神社に関係がありそうな気がします。

そして、近江八幡に戻って行きました。

地元に帰ってから、史料を整理して、答えを導きだします。



| comments(0) | trackbacks(0) | page top |
次のページ