FC2ブログ

絵咲木陶器と猫とカフェ日記 そして田中吉政の歴史

猫好き陶芸作家のカフェ絵咲木へいらっしゃいませ・・・

Top Page » Next
2019-11-30 (Sat)

久留米水天宮へ

久留米水天宮へ

三人目の孫のお宮参りと上のまごの七五三に久留米水天宮へお参りしました。あいにくの雷雨。私が一番乗り。お参りの人が、あとから、あとから、わんさか…。こうちゃんは、いつもと違う環境に、少しおとなしくしたり、お父さんに甘えたり。額に印をつけてもらい、ほんわり顔の「燈(あかり)君」です。...

… 続きを読む

三人目の孫のお宮参りと上のまごの七五三に久留米水天宮へお参りしました。

お宮参り3

あいにくの雷雨。

私が一番乗り。

お参りの人が、あとから、あとから、わんさか…。

お宮参り2

こうちゃんは、いつもと違う環境に、少しおとなしくしたり、お父さんに甘えたり。

お宮参り

額に印をつけてもらい、ほんわり顔の「燈(あかり)君」です。


スポンサーサイト



2019-11-30 (Sat)

忘却の日本史 田中吉政史談会特集

忘却の日本史 田中吉政史談会特集

先日から、執筆中だった、「忘却の日本史」の田中吉政特集。発売しました。でも、表紙が明智光秀…。しょうがないか…、編集長さんも、心の格闘があったそうですから。大河ドラマに乗って、販売数を上げなくてはいけませんからね。でも、そのことによって、私の記事が、歴史好きに見てもらえたら、大変うれしいです。祈ります。8500字ほど、頑張りました。...

… 続きを読む

先日から、執筆中だった、「忘却の日本史」の田中吉政特集。

発売しました。

でも、表紙が明智光秀…。

忘却の日本発売1

しょうがないか…、編集長さんも、心の格闘があったそうですから。

忘却の日本史発売3

大河ドラマに乗って、販売数を上げなくてはいけませんからね。

忘却の日本発売2

でも、そのことによって、私の記事が、歴史好きに見てもらえたら、大変うれしいです。

祈ります。

8500字ほど、頑張りました。


2019-11-23 (Sat)

黒木町、街並み散策

黒木町、街並み散策

八女市黒木町の町屋散策に行ってきました。昔は、八女郡で、八女市に合併して、市内になりました。八女市役所から、20分弱でしょうか。絵咲木があるのが、筑後福島城下、ここは、黒木の猫尾城下で、街道沿いに町屋が並びます。それも、山からの材木がふんだんに使われた、贅沢な造りです。徐々に、町屋を復元修復されています。田中吉政の時代、辻官兵衛が城代をつとめます。吉政は、街道沿いに、「町立て」もしました。町の、先...

… 続きを読む

八女市黒木町の町屋散策に行ってきました。

黒木散策

昔は、八女郡で、八女市に合併して、市内になりました。

八女市役所から、20分弱でしょうか。

黒木散策2

絵咲木があるのが、筑後福島城下、ここは、黒木の猫尾城下で、街道沿いに町屋が並びます。

黒木散策3

それも、山からの材木がふんだんに使われた、贅沢な造りです。

黒木散策4

徐々に、町屋を復元修復されています。

黒木散策5

田中吉政の時代、辻官兵衛が城代をつとめます。

黒木散策6

吉政は、街道沿いに、「町立て」もしました。
黒木散策7

黒木散策8

町の、先輩方に加えて、青年たちが、町の事を真剣に考えています。

有意義な一日でした。


2019-11-21 (Thu)

久留米まちゼミ2019冬

久留米まちゼミ2019冬

久留米まちゼミ2019の冬のバージョン。講演に演劇で参加です。今回は、役者さんがスケジュールの都合で、私を含めて三人。楽しい時間でした。「久留米スタイル」の執筆の話も出ました。...

… 続きを読む

久留米まちゼミ2019の冬のバージョン。

講演に演劇で参加です。

久留米まちゼミ20192

今回は、役者さんがスケジュールの都合で、私を含めて三人。

久留米まちゼミ2019

楽しい時間でした。

「久留米スタイル」の執筆の話も出ました。

2019-11-18 (Mon)

みやまの二里石(薩摩街道)

みやまの二里石(薩摩街道)

小雨の中、みやま市の二里塚を見てきました。瀬高駅の南側の大竹踏切脇に立っています。新しいもののようですね。柳川から二里、16Kです。...

… 続きを読む

小雨の中、みやま市の二里塚を見てきました。

みやま二里石2

瀬高駅の南側の大竹踏切脇に立っています。

新しいもののようですね。


みやま二里石

柳川から二里、16Kです。